地区・単会別 記事を読む
月別 記事を読む
船橋市中央倫理法人会MS2015.3.5報告 講話 秋葉邦男氏
ここに本文を記入してください。
本日の船橋市中央のMSの講話者は千葉県倫理法人会直前会長の秋葉邦男氏です。
 「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 朝の挨拶は宮野下朝礼副委員長です。「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。日々好日」。万人幸福の栞の 105ページをお開きください。「 第十六条 、尊己及人(そんききゅうじん、己を尊び人に及ばす。」 第十六条で太字の部分は「己を尊ぶの極は、ささげるにある。」
金児隆幸 会長挨拶 
「みなさん、おはようございます。金児です。昨日は船橋市中央の15周年記念として秋葉直前県会長にご講演していただき、良い区切りをつける事ができました。ご参集していただいた皆様、たいへんありがとうございました。思えば15年前に習志野市倫理法人会から子単会として独立し、その後、船橋北を生み出してまいりましたが、皆様もご存じのように、現在、船橋北と合併後も、我々の会員会社は100社をきっております。したがって、倫研の規定での15周年の正式行事はできず、内々でのご連絡とならざるを得なかった事は少し無念です。
しかしながらこの15年間は会員の皆様一人一人の縁が繋がり、入会する方、退会する人もいろいろいる中で、ここまで継続して活動できている事実、この歴史を必ずや将来の発展へつなげて行きたいと思います。さて、本日の栞の「尊己及人」自分を大事にし、他人に及ぼす。倫理を起点として、自分の人間的なレベル、文化度を上げ、人にも及ぼせるようになっていきたいと思います。」
会員スピーチ 櫻井順郎 県広報委員長「おはようございます、櫻井です。 委員会活動のすばらしさをお伝えします。倫理法人会の良いところは毎週のモーニングセミナーでの講話で学べる事。そして仲間づくりと思います。 私は広報委員会で活動をしていますが、倫理では様々な委員会があり、参加すると所属単会のつながりだけでは無く、他単会の様々な方々とお知り合いになれる機会ができます。
広報委員会の活動は隔月の広報誌「千葉倫理」の発行、千葉県のHPを通じての広報活動があります。特に最近は会員の中よりは外を意識した記事の作成をしています。最近の特集は佐藤相談役による倫理法人会が創立された当時の逸話や、松戸市の長橋相談役による倫理と会社の発展の関係のお話などを掲載しています。広報誌をうまい活用法でご利用よろしくお願いいたします。
■ 
講話 直前千葉県会長 秋葉邦男氏 
「おはようございます。秋葉です。皆さんは15年前は何歳でしたでしょうか? 私は今55才ですので40才でした。37才の時にボルボの代理店を引き受け、会社もどうにか軌道に乗ってきた時代だったと思います。」
秋葉さんは藤本さんが千葉県会長の際に県法人会の幹事長を経てその後、会長職に2期に就任されました。リーマンショックの時に売上が40%ダウンの状況下で数店舗を閉鎖し、1/3の従業員をリストラせざるを得なかった苦境もあったそうです。しかしながら、県の役職をやっている時は他の経済団体のお役もいろいろと引き受け、会社に戻る時間もままならなかったそうですが、会社の方はうまく回転し、42億円まで下がっていた売上は75億円まで伸びたそうです。その時、「自分を殺して人のために動いていると、周りが手助けしてくれ、自分に返ってくる。」と思ったそうです。
倫理でのいろいろな人との出会いが今の自分を創ってくれている事、また高校生の時の野球部で監督さんにスパルタ教育で鍛え上げられた事が自分に大きな影響を与えているそうです。野球部の監督さんが直立不動で真剣に生徒1人1人と向き合い、毎日の特訓で勝つための執念を叩き込んでくれた事、また応援してくれている同級生や支えてくれた人への感謝の心を持つ事など、野球の技術だけでなく、社会人になるための準備をさせてもらったとの事。3年生の春の関東大会で準優勝でしたが、夏の大会では気を抜かずに練習し続けて、みごとに優勝できた事。また、ある試合で8回まで0対7で負けていた試合を大声援の中で奇跡の逆転勝利としてしまった逸話は監督さんの素敵な言葉で締めくくられていました。 今でも野球部の仲間達とは強い絆がおありになるようです。
■食事会と感想 
本日も食事会にて、順番に感想を述べ合いました。 秋葉さんは終始おだやかな笑顔で、淡々とお話しになる口調からは、今までにやってこられた事への大きな自信を感じました。若い従業員が数年の経験で会社を去っていくのを見ると心が痛むと語る秋葉さん。人と人との関係をしっかりと創り、大局を見てそこからじっくりとものごとを進めて行かれる方なのかなとも感じます。おせっかいを承知で他人と関わる、関わっても嫌がられない関係、そして最後は相手に心の底から感謝される真の信頼関係はどうやって創る事ができるのでしょうか・・そのヒントが秋葉さんのお話にはあったと思います。

本日も皆様のお話しありがとうございました。新しい気づきがありました。企画・運営の野中MS委員長に感謝しつつ今日も元気に行ってきます!
広報 加藤  記録 2015.3.5船橋グランドホテル B1

 
| 船橋市中央 | 10:52 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.2.26報告 講話:友田雅明氏
本日の船橋市中央のMSの講話者は埼玉県西入間倫理法人会の友田雅明氏です。
  「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 朝の挨拶は安田女性委員長。「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。日々好日・・・」。「万人幸福の栞の 第15条103ページをお開きください。十五、信ずれば成り、憂いれば崩れる。信成万事(しんせいばんじ)。」
 本日の第15章には太字の箇所が2箇所ありますが、その最初のセンテンスから、「心の底から信じてくれる人にはうそをつく事は出来ぬ。信ずる人をごまかすことは出来ぬ。」


■金児隆幸 会長挨拶   
「みなさん、おはようございます。金児です。一月は来る、二月は逃げる 三月は去るといいますが、時の経つのは早いものです。一日一日を大事にし、毎週のモーニングセミナーを大切に考え、ここを起点として自分の生き方をチェックして行きたいと思います。一週間経つと忘れてしまう事もあります。週に一度自分の考えを、確認して練り固める場が必要と思います。さて、本日の栞のここに本文を記入してください。テーマ、信成万事、信じた瞬間に事は成っている。現在の世界情勢を考えますと、イスラムのISの問題もあり、世界は混とんとした状態ではありますが、憂いてはいけない。世界平和の中心になっていけるのは日本であり、日本人ではないかと考えます。自分の家族、周囲の環境に責任を持って、この1週間も倫理の実践を行ってまいりましょう。」

■会員スピーチ 田岡英明氏  
 「おはようございます、田岡です。昨年7月に倫理に入会して9か月が経ちました。前職は薬品会社の営業担当で、現在はヒールワークスというベンチャー企業で人材育成のコンサルタントをしています。昨日は船橋市勤労会館で傾聴力の講座を行いました。丸本先生の幹部研修に参加した時に私の目には元気が足りないとのコメントをいただき、足元が固まっていない自分を再認識しました。家族を幸せにする事を最初に、徳福一致を体現しながら、倫理の実践を深めていけたらと思います。ありがとうございました。」



講話 埼玉県西入間倫理法人会 友田雅明氏  
「JC
青年会議所の理事長職をやりながら倫理の実践を行い、毎週のモーニングセミナーで、倫理の力で復活した先輩方の体験を多く聞き、自分を奮い立たせます。日本人の精神が希薄になっている現在だからこそ、倫理の実践による日本再生が重要だと思います。
 小金井市生まれですが、体育会系の人間でしたので、一発合格でスポーツ系の大学の青森大学に入学しました。アルバイトで生活費を稼ぎながら仕送り無しでやりました。また、大人の方々との付き合いの中で男として人を束ねるリーダーにならねばと強く思わされました。
社会人生活は花屋さんの営業としてスタート、創業当初は過労で腎炎になって入院しながらも、外部には内緒で電話営業をしながらピンチを乗り越えた事もありました。フラワーショップ「雅」を起こして16期になりますが、日本一のフラワーショップを目指しています。
 倫研の富士研修所での体験についてお話します。数回行っていますが、研修の中に正座のセッションがあります。その研修で手を合わせた時に父親が登場しました。感謝の心が突然でてきました。父は入院していましたが先日76才で他界してしまいました。子供の躾に厳しい厳格な父でした。今、思うと生きているうちにもっと話して感謝の心を伝えておけば良かった。倫研でのセッションが自分をそんな気持ちにさせました。このきっかけが無ければ気づきは無かった。親に感謝する心を自分の子供にも伝えられたらと思います。
私は現在44才、まだまだこれからが勝負と思っています。 最後に私が一番好きな栞のフレーズである運命自招の35ページ最後の3行を読みます。目の前のあらゆる機会をとらえて、断固として善処する人、一度こうと目的を定めたら、終始一貫やってやってやりぬく人、これが世に言う成功者である。本日はありがとうございました。」
感想
 友田氏のご講話はパワー、スピード、ボリューム、キレなど快活なテンポで心地よい響きでした。すっと直立した姿が柔道部で鍛えたアスリートの体幹と感じられました。人に向かって話した事を自分に向けた激励ととらえると語る友田氏。これから倫理の実践を深め、よりパワーアップされるものと思います。本日はありがとうございまいた。
  本日も皆様のお話しで新しい気づきがありました。 企画・運営の野中MS委員長に感謝しつつ今日も元気に行ってきます!

広報 加藤記録2015.2.26船橋グランドホテル B1
 
| 船橋市中央 | 18:40 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.2.19報告 講話:川又寿久氏
 本日の講話者は倫理研究所法人局教育業務部長の川又寿久氏です。
栞の輪読
 本日の 栞の輪読は久しぶりに安田女性委員長です。落ち着いた感じです。第14条:希望は心の太陽である。心即太陽。・・・・あなたの仕事に、無上の希望を持ちましょう。・・・・
希望は永遠の光である。ありがとうございました。」

■金児 会長挨拶 
  「みなさん、おはようございます。金児です。本日のご講話は倫理研究所の川又先生にお越しいただいておりますが、昨日は夕方の役員研修にてもご講義いただいております。役員研修の参加者が昨日は12名の役員より多い13名でした。 川又先生のお話はとても良かった。 それと今期の役員研修のテキストの内容がまたすばらしい。全10章中の第6章まで終わったところですが、丸山先生が倫理運動を始められた頃のまさに原点について、また倫研の現在の活動について、2面から倫理活動の本質をより深く理解できる構成となっております。是非、役員以外の方々もご参加していただいたいと思います。どなたでも大歓迎です。
昨日の役員研修は私もなんとか間に合いました。先生がご講義の最後のほうでお話されていた大学駅伝の青山学院の作戦。皆さんもご記憶でしょうか?「わくわく大作戦」。競争を楽しんでしまう心。自分の限界に楽しみながらチャレンジする。失敗は恐れない。チーム一丸となってタスキをつないで行く。ブレーキになった仲間の分は次のランナーがそれ以上にカバーする。相乗効果でさらにワクワク走りまくり、ぶっちぎりで優勝してしまう。明朗愛和の魂でしょうか。まさに純粋倫理と通ずるものがあったのかとあらためて感じさせていただきました。
■会員スピーチ 佐々木邦雄氏
「みなさん、おはようございます。佐々木です。昨年の9月に又来さんのお誘いで再入会して早や6か月です。本日この半期の倫理実践についてお話をします。私、ここのところ仕事のほうは順調ですが、私生活では2つ年上の兄を大腸がんで亡くしたり、親戚に不幸があったり、また大切にしていたバーバリのメガネを落としたり、鍋を焦がして火事になりそうになったり、嫌な事が続き、少し気持ちが滅入っていました。何か1つ自分のバックボーンになるものが欲しいと思い、倫理をまたやるべきだと決心し、朝起きも始めて、家内と朝食時に10分間の対話を毎日実践しています。また倫理に入って良かったと感じる昨今です。「私は出戻り会員の心がわかる復活させるパワーがある。」と考えています。お役にたてればと思っております。」

講話 倫理研究所・法人局教育事業部長・川又寿久氏 「明朗心を養う・・・」
 開口一番。 前の席が空いていますので詰めて座ってください。モーニングセミナーで前の席が空いているのは良くありません。率先垂範する力。積極性を養い自らが取り組みましょう。14条は希望は心の太陽である。心即太陽。この章の人気を聞いたら3位までには絶対入るでしょう。希望は心の太陽である。都合が良いから・・・希望は未来に向かって・・・。」「親に恨みを持っている人はなかなか成功しないでしょう。純粋倫理をやる事でそれを克服する事ができます。」「本日の内容の14条を解説すると、心のあり方が先なのです。うまく行かぬから望みを失うのでは無い。望みを無くすから崩れていくのである。」「勉強好きの社長さんの話、成果が表れる人と現われない人。何が違うのでしょうか?経営者が学んでいく為のキーワード。変化。「男子3日会わざ れば括目す。(目を剝いて驚くほど変わってしまう)」。日常の実践で、明朗な心を培っていく日々の実践で必要な事3つ。1.即行即止、 2.捨てる実践、 3.死ぬ覚悟。(終活。終わりを整える。これを考えると今のあり方が変わる。)大企業の経営がどんどん変わっている時代に中小企業が変われないわけがない。しかしながら、変われない中小企業。なぜか? 中小企業が変われない理由は4つ。1. 社長の変化を嫌がる気持ち 2.先送り   3. 将来像を描いていない  4. 諦めの心(人無し、金無し、時間無し)」。そう思っている社長の心が悪いのです。夢と希望を持ち、大ぼらも吹きましょう。そのプレッシャーは大きいですが。時間ですので終わります。」
 誓いの言葉
 本日の誓いの言葉はハイセンスでユニークな挿絵をいつも野中MS委員長発行の船中モーニングセミナーの予定表に描いていらっしゃる橋本副委員長でした。「今日一日、明るく元気で働きます!」
朝食会
  本日の朝食も食事の後に順番に感想を述べました。
 私を含めて、捨てる事の難しさを話す方が数人いらっしゃいました。変わる事を拒否している証拠なのでしょうか。なお、本日は定番のバイキング料理とお味噌汁はシジミでした。
感想
本日のお話。変わる経営者と変われない経営者。自分の夢、ドリームを大きく描ける人と描けない人。夢の大きさ、そしてそれを思う心の強さで、将来の成功にどれだけ近づけるのでしょうか? 書籍で「思考は現実化する:ナポレオン・ヒル著。」がありました。 全世界で1億冊の大ベストセラーらしいです。米国で成功した500人の実業家の成功の理由を調査した結果、成功者の方々は自分の成功のイメージをしっかりと持っていた。それが最も重要な成功要因であるとの結論だったかと思います。自分が欲しいものを知り、それを実現してリッチになる。将来の成功を思う強い気持ちで大きなキャンバスに大きくはっきりと夢を描く。 あなたはいかがでしょうか? 

 本日も多くの事を感じ、気づきがあったモーニングセミナーでした。川又先生のお話はいろいろなエピソードが盛りだくさんで数々の示唆に富んだものでした。ありがとうございました。企画運営の野中MS委員長に感謝しつつ、今日も元気に行ってきます。
昨日の役員研修と懇親会もおもしろかったですが、柏在住の私は帰りが23時になってしまい、朝が5時起きですと、さすがに睡眠不足で本日は寝不足気味ではありますが・・・・・。
 広報 加藤  記録 2015.2.19船橋グランドホテル B1
 
 
| 船橋市中央 | 15:41 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.2.12報告 講話:田中美由紀氏
 本日の講話者は東金市倫理法人会専任幹事の田中美由紀氏です。
 「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 会場の船橋グランドホテルには会員の皆さんが集まってきました。 朝の挨拶は宮野下朝礼副委員長。「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。二、苦難は幸福の門・・」。万人幸福の栞の 89ページをお開きください。反始慎終。本を忘れず、末を乱さず。第13条の太字の部分は2箇所ありますが、本日はその他の文章から1箇所「・・小さい事に末を乱す人は、大切な事に終わりを全うしない。」 
■金児 会長挨拶 
 「みなさん、おはようございます。金児です。うれしいニュースです。先週の土曜日に京葉地区のボウリング大会がありましたが、何と船橋市中央の渡辺さんが優勝されました。スコアは2ゲームで350ピン(アベレージ175)だそうです。 櫻井さんと組んだチームも優勝でダブル優勝。賞金の商品券5,000円分を渡辺さんからお預かりしていますので、今度の役員研修後の食事会で利用させていただきます。皆さんでお祝いしましょう。
 さて、我々船中はメンバーの結束は良くなっていると思います。講話に来られる倫研の先生からも役員の取り組み姿勢、会の雰囲気について評価をいただいております。しかしながら、もっとモーニングセミナーにパワーアップを図る必要があります。そしてそのパワーを我々の日々の実践につなげて行きたいと思います。本日の輪読の反始慎終、私自身、後片付けをきちんとやり、やり残したことや物忘れも無くして行かねばと思います。」
■会員スピーチ 安田尹子 女性委員長
 「みなさま、おはようございます。安田です。私は8年前に倫理に入りました。 会社が墨田区にありましたので、最初はそちらの単会に入っていたのですが、現在は船橋市中央です。現在の会社に事務員として入社し現在31年目で副社長をしておりまが、今日に至るまでにバブル景気以後、組織として経営になにか不足を感じ経営に必要ないろいろな勉強をしてきましたが、ある時社員の方に「安田さんが勉強すればするほど距離を感じる」と言われました。勉強していろいろな知識でパワーアップしてきたのに。社長に「安田さんは笑顔が足りない。」と言われました。それからです。 笑顔が素敵な人は何がそうさせるのか?考えました。「ほほえみの会」などにも参加し、福田順子さんの「笑顔共和国」のことも学びました。4年前に「二コちゃん」のニックネーをいただきました。 もっと笑顔になるようにとのあだ名なのでしょうか。 倫理の明朗愛和。 自分自身の立ち居振舞いが家族や会社に与える影響も考えて、これからはもっと笑顔で回りの皆さんの幸せを創っていけたらと考えています。「ありがとうございました。」 」
 
講話 東金市倫理法人会専任幹事・田中美由紀氏 「ゴムマリのように・・・」
 東金市で専任幹事を拝命してから2年目です。レクチャラーになった時、何を話したら良いのかと不安でしたが、レクチャラー研修を受け、倫理実践の中間報告をすることで良いんだと知り安心しました。また自分の話す姿をビデオに撮っていただき、澤田先生に無料で指導をしていただき、迷いが無くなりました。倫理指導は8回受け、倫理研究所の研修会には4回参加しています。この機会を生かす事が大事であると考えています。東金市倫理法人会は会員人数122名です。専任幹事としてまとめる事に苦労を感じやめたいと思っていた時に倫理指導を受けました。指導を受けた事は「誰にでもやれる機会が与えられるものではありません。いただいたお役目にはすべて意味があるのです。誰よりも早く、朝一番に会場へ行きなさい。」」
 その後の田中さん、原島会長よりも早く、大久保広報委員長よりも早く、会場へ乗り込み、倫理憲章や7アクトの暗記等にも取組み、行動を変えたそうです。役員朝礼は5時15分に開始し40分に止め、モーニングセミナーは6時に開催し7時にぴったりと終わる。参加者の皆さんの貴重な時間を大切に考えなければならないと考える。会員を増やす勧誘作戦。伝え方が大事、倫理の必要性が分からないと他人には伝わらない。1年前から考えて、最初は職場の教養を配りながら、そろそろと思った時に入会について話す事にしている。自分も参加してみたいと思われるような[いきいきとして素敵な人がいると思われる会を創る]と考えていらっしゃいます。
 本日のお題は丸山敏雄先生の自叙伝の「女性はゴムマリのように生きよ」からいただいているとのことです。たしか「男性は機関車のように生きよ」でしたかね。「最近は趣味で尺八と三味線を習っています。私が使っているオレンジの香りを皆様もどうぞ。」
 
■連絡事項 渡辺専任幹事 / 誓いの言葉 橋本副委員長
  渡辺専任幹事が丁寧に各連絡事項のご紹介をされました。渡辺さんが心臓の手術で入院された時は我々もたいへん心配していましたが、最近はお顔の色も良くなられたように思います。ますますお元気で、今度は単会のレクリエーションでボウリングの腕をご披露くだい! 
 誓いの言葉は橋本副委員長でした。田岡さんはマスクをされていましたが、風邪でしょうか? さあ、本日も1Fのレストランで朝食会です。
■感想
倫理を知って、新たな自分を創り直す。新生した自分を自信を持って周りの人にも伝える事ができる。明るく過去の失敗と今の自分を語る事ができる。元気で、しなやかで、そして美人な女性経営者がまた1人いらっしゃいました。昨晩のフレンチの食事会ではさぞ楽しい会話があったものと思います。私も行きたかったです・。倫理の実践ではある一線を越えた時、自分が大きく変わる瞬間が訪れるようです。迷いが吹き飛び、生き生きと輝き始め、周囲を照らし、豊かな雰囲気が回りに溢れ出す。東金市倫理法人会の田中美由紀氏。原島会長とニコニコ笑いながら、毎週のモーニングセミナーのご準備をふうふうとされている様子が目に浮かびます。自称、倫中(倫理中毒)で倫理病の女性経営者の方。ゴムマリのように転がりながら、周りにもぶつかりながら、衝撃を弾力で受け止めて、これからはどこにどんな風に弾んでいかれるのでしょうか・・・ご期待いたします。
 最近、モーニングセミナーの参加者数の伸びが今ひとつと感じます。今朝は吉田悦花さんがいらしてましたが、船中は講話者の人選が良いとおしゃっていました。 野中MS委員長の企画は良いので、なんとか外部の新しい方々に来ていただく方法を考えなければなりません。この内容はどんな人に必要なのか、どんな人なら感心を持っていただけるのか、朝6時から来ていただけるのはやはり船橋近郊の方々か、宣伝をどう工夫したら良いのだろうか・・・・。
 本日も多くの事を感じ、気づきがあったモーニングセミナーでした。企画運営の野中MS委員長に感謝しつつ、今日も元気で働きましょう!!。
広報 加藤  記録 2015.2.12船橋グランドホテル B1
 
| 船橋市中央 | 07:05 | - | - |
船橋市中央MS2015.2.5報告 講話:法人スーパーバイザー戸田栄造氏
    本日の講話者は柏の葉から法人スーパーバイザーの戸田社長です。写真は役員朝礼で細木相談役がスローガンの斉唱をしているところです。 戸田法人スーパーバイザーから 「元気があってたいへん良いと思います。あとはもうちょっと笑顔があったらいいですね。・・・」と笑顔でアドバイスをいただきました。
 「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 会場の船橋市中央の船橋グランドホテルに大勢の皆さんに集まっていただいています。 朝の挨拶は甕朝礼副委員長。「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。二、苦難は幸福の門・・」。万人幸福の栞の12条85ページをお開きください。第12条 得るは捨つるにあり、捨我得全」。 第12条の太字の部分はありませんので、88ページからまとめの部分をご紹介します。「事業の上でも経済の上でも、・・・私情雑念をさっぱりと捨てて、運を天に任せる明朗闊達な心境に達した時、必ず危難をのがれる事ができる。・・「窮すれば通ず」とは、このことをいうのである。」 
 
■金児 会長挨拶 
 「みなさん、おはようございます。金児です。本日は777回目という記念すべきモーニングセミナーです。 会場も松の間に来て、みなさんもよくご存じの戸田法人スーパーバイザーをお招きする事ができました。 さて1月は元旦に決行したモーニングセミナー(MS)は皆さんのご理解を賜り85名の方がご参加され、また、先週の市川市との合同MSでは50名の皆様にご参加いただきました。船橋市中央倫理法人会は新生船中として新しい気持ちで実践を貫き、新たなページを切り開いて行きたいと考えます。来季の会長を決める時期ですが、来期もお引き受けさせていただく事を考えております。 今ある上昇気流に乗って、今だからこそより高く上まで登れるよう、皆様の引き続きのご支援をよろしくお願いいいたします。」
■会員スピーチ 前船橋市中央専任幹事 吉田輝倫氏
 「みなさん、おはようございます。ちょっとお久しぶりです吉田です。本日はその後の私の生活をお話しします。転居した福岡市の自宅からなんと歩いて5分のところに春日中川倫理法人会があります。できてまだ3年なのですが、会員は120名もいます。そこへ早速行ってきました。そこでの気づきについてお話します。千葉の船橋市から来たという事なので、少しはちやほやされるかと思ったのですが、なんと滝口長太郎さん話が通じませんでした。倫理法人会の創始者の滝口長太郎さんを知らないとは・・・。丸山敏夫先生のご生誕の地なので丸山先生一辺倒なのかも知れません・・・・・。私は単身赴任が長く、12年ぶりに家庭に戻りましたが、今の自宅での自分の役割は小さくなっています。家族は妻と反抗期の娘が2人で、女性社会にアウエーな感じです。そして会社では営業担当なのですが、今のところ、毎月の目標金額はたいした額では無く、私のポストの営業としてはかなり少ない状態です。 今、自分に会社や家族が期待している事は何か? 今、自分ができる事、やらなければならないのは何か? 周りと比較してもしょうが無いし、やれる事をしっかりとやりたいと思います。」 
 吉田さんは他の人々が持っていない多くの引き出しをお持ちです。 コーチングやコミュニケーションスキル、様々の血液検査と学術研修の知識、フルマラソンを走る体力、空手、合気道などの合計10段の武道家でもあります・・。 後輩の若い営業員達を輝倫マジックで輝かせてあげましょう。家庭でも、地域社会でも新たな役割を創りだしましょう。今こそ「ニュー輝倫in 九州」の世界を開け!
 
講話 柏の葉倫理法人会 法人スーパーバイザー戸田栄造氏氏 「ここに活路あり」
  「本日は空席以外満席でありがとうございます。」最初から戸田節がさく裂して楽しい雰囲気で始まりました。  「本日はちょっと真面目なお話をします。日本には長く続いている会社が多い事が知られていますが、一番長寿の会社はどこか皆様はご存じでしょうか? 金剛組、池の坊、西山温泉など1000年以上続いている会社が日本には数多くあります。では、なぜこんなに1000年以上の長きにわたり永続できるのでしょうか? 会社を継続させるためには2つの視点が必要と思います。1つは福を求める 商法のやり方、二つ目は商道です。こちらのホワイトボードをご覧ください。商法の考えでは環境の変化に合わせて、企業戦略を変え、利益を得て、経済に貢献し、本人も家族も幸福になることだと思います。一方、商道の方は時代が経っても変わる事なく、倫理・道徳に基づいた会社経営をする事です。変えなかったから続いて来れたと言えるものかもしれません。国内で200年以上続いている会社は3,166社、また100年つづいている会社は21,666社と言われます。普及という言葉がありますが、皆さんは何を思い出すでしょうか? ふきゅうは不急とも書くことができます。休まず、急がずの意味になります。その他に不休、不給、不窮もあります。
 今、私は会社の後継者の事を考えています。ダイエックスも操業41年になりました。最初は自分の事を考え、次は家族の事を考え、その次は社員の事を考え、今は地域社会の事を考えています。地域に貢献する事を考えていろいろな事をやっておりましたが、最近、駐車場の土地を破格な値段で譲ってもらったり、銀行からは低い金利で融資をしていただいたり、いろいろと良い話が巡ってくるようになりました。経営者を受け入れる会を作りたいと思って始めた柏の葉倫理法人会も5年目になりました。日本一も4回いただいています。自分を磨き、朝型の自分になって気づきを多くするモーニングセミナーを継続したいと思います。最後に私の好きな詩をご紹介します。今に生きる、今、今、今の中にすべてがある。・・今、自分を変える、今に生きる。心磨きをする場が倫理法人会の場と思います。ありがとございました。」
 
■朝食会
 本日もモーニングセミナーの後は朝食会です。順番に感想を述べましたが、皆さんの戸田さんのイメージが少し変わったようです。「こんなに真面目なお話を真剣にされる方とは思いませんでした。」「戸田さんのお話には経験に基づいた重みとパワーを感じました。」「普及の目的はその人を幸せにする為とあらためて思いました。」「地域の企業として地域に貢献すれば共に繁栄する事ができることを知りました。」など。
■感想
 戸田社長の間髪を入れずにダジャレジョークをかっ飛ばし、大きな声で高らかに笑い、周囲を一気に和ませ空気を変える。どっしりと中心にお立ちになっているまさに倫理法人会の大木とでも言いますかその存在感に圧倒されました。戸田社長はいつからこんなにはっきりと自信溢れる笑顔で熱く語れるようになられたのでしょうか? ダイエックス社41年の歴史は順風満帆だったのでしょうか?それとも逆に大きな苦難、ご苦労を乗り越えたからこそ倫理を強く語れるようになられたのでしょうか?こんど機会がありましたら是非そこらへんを教えてください。
 柏の葉のダイエックス社の裏側には900坪の畑「かぶちゃん農園」があり戸田社長が中心で有機野菜の栽培をされています。収穫した野菜は味噌汁委員会により、モーニングセミナーで野菜たっぷりの味噌汁として登場します。 また畑の大きなイベントは「7月のジャガイモの収穫祭」と「9月のサツマイモの収穫祭」があります。私も一昨年のサツマイモ堀りへ参加しましたが、大勢の子供達でたいへんにぎわっていました。サツマイモの重さを競うコンテストもしていて、子供達は大いに喜んでいました。その時戸田さんはトラクターを運転されていましたが、中々本格的に実践されているとお見受けいたしました。現在はニワトリ小屋を建て名古屋コーチンを飼育して卵を採取しているとの事・・・。
本日は戸田スーパーバイザーご講話ありがとうございました。大きな気づきをいただきました。本日も企画運営の野中MS委員長に感謝して行ってきます。 今こそすべて。未来を開こう。♪♪
広報 加藤  記録 2015.2.5 船橋グランドホテル B1
 
| 船橋市中央 | 08:08 | - | - |
船橋市中央・市川市合同倫理法人会MS2015.1.29報告 講話:木村修氏
本日も船橋市中央は市川市倫理法人会と合同でのMSです。講話者は市川倫理法人会幹事の木村修氏です。
 
「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 本日も先週に引き続き、市川倫理法人会との合同モーニングセミナーです。会場の船橋市中央の船橋グランドホテルに大勢の皆さんに集まっていただいています。 朝の挨拶は宮野下朝礼副委員長。「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。二、苦難は幸福の門・・」。万人幸福の栞の 77ページをお開きください。第11条の太字の部分は2箇所ありますが、最後の文章から「物はこれを生かす人によって生み出され、これを大切にする人の為に働き、これを生かす人に集まってくる。すべてが生きているからである。」 
 ■金児 会長挨拶 「みなさん、おはようございます。金児です。本日は万人幸福の栞の第11条。物はこれを生かす人に集まる。物もお金もこれを生かす人に集まってくるということ。 丸山敏雄先生が昭和24年にお書きになったものです。さて、本日も先週に引き続き合同企画ですが、最初の挨拶は市川市倫理法人会の大槻会長にお願いしたいと思います。」
大槻 会長挨拶
 
「みなさんおはようございます。市川の大槻です。皆さん本日はラッキーです。合同企画はめったにない企画ですのでみなさん楽しんでいただきたいと思います。本日の私の役割は講話者の木村さんをご紹介する事かと思います。木村さんはスイスからトリフチョコレートを持ち込まれた方です。ドルチアの生チョコレートはJALのファーストクラスや宮内庁御用達にもなった実績もあります。 本日はよろしくお願いいたします。」
 

■会員スピーチ 河井清悦事務長
「おはようございます。本日は私が尊敬する3人の方についてお話致します。1人目は私の兄です。弁理士として110名の社員と共に会社経営しています。20代から勉強し、29歳で弁理士試験に合格、そして開業致しました。6歳下の私に沢山の事を教えてくれましたが、「徳のある人になりなさい。」が口癖でした。2番目の方は、サイゼリヤ創業者正垣会長です。本八幡の1号店からスタートし、その時に1000店舗になると言ってから今では国内1000店舗を超え、海外にも店舗数を増やしています。正垣会長は、中小企業家同友会で、経営について色々な事をお話下さる機会が多く、会長も「綺麗な花には蝶が沢山集まる様に、徳のある人に社員、お客様が集まる」と教えて下さっています。そして、3人目が本日の講話者のドルチア創業者の木村社長です。同友会でご一緒していますが、同友会に入った時に、「社長は王道を歩むんだよ」と教えて頂きました。同じ道を歩む同志の様な気がしています。
 人は損をしても人の為に尽くす心で生きる事が大切。この事は、今迄自分の中で裏付けが無かったのですが、倫理を本気で始めると、万人幸福の栞の中身に触れ、自分の気持ちを真直ぐにして生きて行く事は、自分自身も周りの人も幸せにする事が出来るという事を知りました。最近講話をする機会が増えて、先日は教育再生フォーラムで、1200人の前で、私の考えを話す経験もさせて頂きました。自分の保育に関する考えを周りに伝え、広がって行く感じがしています。幸せは、自分が幸福になり、それを広げる事だと思っています。ありがとうございました。」
 
講話 木村修氏 「チョコレートと健康」
 「おはようございます、木村です。 本日はお招きいただきありがとうございます。帽子と白衣を着ると力が出てきますが、人前で話しをするのは実は苦手なのです。私はお菓子屋を長年やっております。 ・・・。」
木村社長のストーリー。青森県で生まれ、父親の倒産で高校進学を断念し、上京してお菓子屋職人の道に進みました。お菓子一筋の人生。全日本のチャンピオンも何度か受賞されています。31才でヨーロッパに留学の機会を得て、ベルギー王室御用達のゴディバの門を叩いたのですが、門前払いに合い、6か国を回った後、スイスのチョコレートの研究所でチョコレートの技術を学ぶ機会を得たそうです。なんでも当時のスイス時計のオメガが日本でよく売れていたので日本人を歓迎してくれたらしいです。現在はドルチア(株)の社長さんで、110人の社員の皆さんと生チョコレートなどの商品で企業展開されています。
チョコレートのプレゼント 「本日はバレンタインデーも近いので私から生チョコレートのプレゼンントです。ご試食してみてください。このチョコレートは健康向上のために開発している砂糖を使わずに作っているものです。なぜ甘いかというと〇〇大学で開発されたある物質を使っています。その他〇〇なども使用して・・・・・。」 さっそくいただいてみます。ふぉわっとしたチョコの香りが広がり、とろけるような豊かな味わいです。おいしーい。チョコレートケーキもおいしーい。今日はお得な企画です。
「私、実は少しピンチもありました。7年ほど前に3億6千万円の投資をして工場を新設しました。ところがその後すぐに、JALの経営破たんがあり、また昨今の景気低迷です。・・・。今は高島屋で扱っていただき感謝しています。 5年前に一度、遠のいていた倫理法人会に復帰しました。滝口長太郎さんの「打つ手は無限」。何か方法は無いだろうか周りを見回しえてみよう。打つ手は常に無限なのだから。の言葉を思い出して行動している今日このごろです。ありがとうございました。」木村社長は以前、滝口長太郎さんのお話を奥様とご一緒に何度も直接聞かれていたそうです。
連絡事項 渡辺専任幹事
 新専任幹事の渡辺勝範さんから行事・イベントの紹介です。いつもながら丁寧なお話しぶりで他単会の行事もご紹介されていました。本日はチラシがかなり多くきています。「本日は夕方18:30から船橋市公民館でナチュラルエイジングの原田あつ子先生の第一回目のレッスンがありますのでご興味のある方は是非どうぞご参加ください。・・」
誓いの言葉 田岡幹事
最後の誓いの言葉は定番になっています田岡さんです。今日も大きな声で「今日一日、朗らかに安らかに喜んで進んで働きます!」 
本日の司会進行は副委員長の橋本さん。おごそかにベルを鳴らしてモーニングセミナーは終了です。
■朝食会
 さあ、かたづけて1Fのレストランの朝食会に行きましょう。
本日は人数が多いのでいつもの個室ではなく広いエリアで食事をします。せっかくなので、本日初めて来た若いお二人に感想をお話ししていただきました。やはり朝の最初の独特の雰囲気にはちょっとびっくりしたみたいです。気が向いたらまた来てみてください!お待ちしています。
 木村社長、最後に写真を一枚お願いします。甘いチョコレートにはやはり女子が集まるのでしょうか? ハイ、ポーズ。甘くて、健康に良い木村さんのニューブランドのチョコレートをお待ちしています。
 元来、カカオが発見された時、チョコレートは薬のように使われていたそうです。本日木村社長のお話の中でピロリ菌への殺菌効果があるとのお話がありました。WEBで検索してみるとピロリ菌は胃がんの原因としても知られています。実際、世界で一番チョコレートの消費量が多いスイスでは胃がんが少ないとのこと。またカカオのポリフェノールの抗酸化作用での動脈硬化や老化防止の効果、また国内でのある臨床試験では血圧を下げる効果もあるなどチョコレートの健康増進効果が注目されているようです。

■感想
 朝食時に奥様からもお話を伺いました。ドルチアではお菓子教室を開催しており、卒業生はすでに600人もでているそうです。最初は周囲から反対もされたそうですが、ご夫婦で乗り切ってこられた事。またその活動を通じて地域の方々と良い交流ができたとのこと。奥様の方が弁舌たくみで営業向きの方なのかなと思われました。チョコレートの歴史とともに歩んで来られた木村さんご夫婦、ドルチアは今年で創業45周年との事、これから新しい健康増進のチョコレートを発売して世界にジャパンブランドのチョコレートの発信していただきたいと思います。これからのご夫婦のご活躍を期待して船中からも大きなエールです! 本日の参加者は50人。人数が多いと活気が倍増していいです。合同開催のパワーを感じます。毎回新しい方が気軽に入り込めるオープンなモーニングセミナーが開催しなくてはと思います。 新しい方々にすぐに理解してもらえるモーニングセミナーはどんなやり方なのでしょうか? 船中も実践中と思います。 野中MS委員長よろしくお願いいたします。本日は楽しいご講話、そしておいしい生チョコをご馳走様でした!
 
本日も皆様のお話しありがとうございました。新しい気づきがありました。 企画・運営の野中MS委員長に感謝しつつ今日も元気に行ってきます!
広報 加藤  記録 2015.1.29船橋グランドホテル B1
 
| 船橋市中央 | 23:02 | - | - |
船橋市中央・市川市倫理法人会合同MS2015.1.22報告 講話:金児隆幸氏

本日の船橋市中央のMSは市川市倫理法人会と合同開催です。講話者は船橋市中央の金児隆幸会長です。本日は合同モーニングセミナーなので、市川駅前の市川グランドホテルにやってまいりました。 役員朝礼が始まっていました。大槻会長が今日の段取り等をお話をされています。
「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 朝の挨拶は市川の北川健太郎氏。 「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。日々好日」。万人幸福の栞の 71ページをお開きください。「第十章、働きは最上の喜び、勤労歓喜(きんろうかんき)」 丁寧に丁寧にお読みになっています。                       
第十章で太字の部分はありませんので重要そうな部分を調べました。本日はこの箇所を私も輪読したいと準備します。「ハイ、働きが一切であり、働きが人生である。働きが生命である。この働きには、そのままに、かならず「報酬」がついている。金銭で儲ける「報酬」は・・・この当然にうける報酬は、・・・・それは「喜び」という報酬である。」 前の席の野中さん、後ろに席の細木さんとばっちりシンクロで輪読しました。横は橋本さんやおなじみの顔が見えてます。周囲を見渡すと船中のメンバーも10名ほど来ています。宮野下さん、石井さん、安田さん、又来さん、渡辺さん、そして元気な河井さんのお顔が見えました.
大槻 洋一会長挨拶 
「みなさん、おはようございます。大槻です。本日は船橋市中央の皆さんと合同のモーニングセミナーになりました。 なぜかと言いますと、京葉地区ではお互いの単会を知ろうと言う事で、お互いに訪問をし合っているわけですが、船橋市中央さんとうちの単会は開催曜日が木曜日で一緒でした。そこで合同モーニングセミナーをお互いに一回づつ開催することで一機に全員間の交流も図ろうとなった次第です。 さて、ここに私が持っていますのは船橋中央の石井さんが配布されている牛乳です。冬でも雪の中で放牧されている牛のお乳だそうで、とっても栄養があり美味しいそうです。皆さんも是非どうぞ。さて本日の講話者は船橋市中央の金児会長です。本日の参加者はホームの市川市のカウントになり、来週の船橋市中央の合同MSの場合は船橋市中央さんの結果にカウントされます。では金児会長よろしくお願いいたします。」
講話 金児隆幸氏 「心の象(かたち)」
双葉産業の歴史
 「おはようございます、金児です。 本日の演題は心の象としましたが、これは丸山創始者が秋津書道院を創設し「心の象としてあらわれた書を学ぶ」と指導された言葉です。 本日は倫理法人会に入会し私の心が大きく大転換(パラダイムシフト)した2つの体験をお話します。私の祖父は昭和13年に軍需工場としてパラシュートや軍服の縫製工場を始めました。それから終戦で需要がなくなり、昭和21年に父が2代目としてワイシャツの縫製をする双葉産業(株)を法人として設立し現在に至っております。
50年前の船橋駅北口近郊の自然と現在と地球倫理とのつながり
私が子供の頃、約50年も前の話になりますが、船橋駅の北口は見渡す限り田園風景で田んぼにはカエルがゲロゲロ鳴き、シラサギがそれを餌にとやってきていました。」この部分のお話、私は好きな部分です。なぜかと言うと、3年前から北口から2kmの場所で石井副会長の世話で船中農園を始めていますが、トンボやチョウなどの虫がいろいろ飛んできます。ギンヤンマやナガサキアゲハもまだ近くで繁殖しるようです。農作業の合間には昆虫採集ができます。(害虫の駆除ではありません。) 50年前の田園風景の状態では船橋近郊は昆虫の宝庫だったと思います。農業と自然保護は対立する活動と思いますが、昨今、自然を保護しながら農業生産も上げる方法、自然と対決せずに自然と調和した形の自然農法が注目されつつあります。生物の多様性を保護、維持した中での農業が可能なのか、人類は自然と共存可能なのかを追求しています。 昨年の12月に私の故郷の宮城県で第三回生物多様性農業国際会議がありましたが、かなり興味深い内容でした。倫研が提唱している地球倫理の根幹ともなる極めて重要な論点の1つであると考えます。大繁殖している人類は破壊活動をここらで止めて、その他の生命との共存の道を図る・・。
船中農園の周辺はまだ野生のキジが繁殖可能であり、中型の鳥類が生存できる環境がかろうじて残っています。面白いなと思って、野菜を作りながら、毎年キジ一家の繁殖状態を観察しています。一昨年は3羽、昨年は2羽のひな鳥が母鳥と散歩していました。金児会長は何度か船中農園にいらしていただいていますが、昨年は絹サヤの収穫に来られた際に、巨大な青虫を3匹発見して捕まえていただきました。緑色の葉の裏側にいる青虫は見つけにくいのですが、捕獲スキルが高い方です。幼少の頃の昆虫採取のご経験がかなりあるとお見受けします。ちょと脱線しましたので話を戻します。
第一のパラダイムシフト
「大学4年生の時に父の他界により、工場を継ぐ事になり、叔父さんの借金を背負ってしまった時です。1億円の借金をいかに返済するために2億5千万円を借りてビルを建設し、25年間で返済する計画を立てました。ところが経済はデフレ状態になり、テナントの家賃は毎年下がり、最後には頼りのトンカツ屋も撤退してしまいました。債務超過の状態です。職人達の給与が払えなくなる。銀行に相談したら、なんと助けてくれるどころか一括返済を求められました。私は倫理法人会の専任幹事。」 「その時、滝口長太郎氏の言葉を思い出しました。「打つ手は無限。」当時、倫理の学びはほとんどしてませんでしたが、真正面からありのままを職人達に伝え乗り越えようと思い伝えました。「3か月間、皆さんには給与は半分しか払えません。」・・どうなるか・みんなやめてしまうのでは・・・。そして職人さんの言葉「半年でも一年でも待つから、あんたが社長なんだから、この先どうするのか真剣に考えてくれ。」・・・・。祖父と父親が残してくれたもの、家族のような職人の方々に自分は囲まれていたその事実にハッと気づいた瞬間でした。
「自分の新しいプランを職人の方々に話しました。下請け工場では無く、直接商品を売る。オーダーメード、インターネット、銀座に出店など。いいワイシャツを作るにはどうすれば良いか職人の人たちときっちりと話して目標を共有化できました。」 倫理の力? 人間関係の心に持ちようが変わった瞬間でありました。」その後、3か月後に新しいテナントが入り、支払もできるようになり、倫理法人会の会長になり、丸山敏雄伝を読み、改めて人生幸福の栞を読み返し、地区長も経験させていただきました。
第二のパラダイムシフト
 我々は欲があります。弁当屋もやり、中華レストランも経営していました。従業員は店長以外は中国人の方々でしたが3.11の大地震で半分以上が帰国してしまいました。やがて料理がまずくなり、そのうち店内が汚くなってきた時にもう無理と考え、中華レストランをやめました。当時γGTPが1800、体重は80kg以上。その時に倫理の生き方を生かす生き方に変える事を決心しました。人生の長期計画、自分の体を大事にする。元気に長生きに。今風に言えば、サーチュイン遺伝子の活性化。炭水化物を1/3にカットして軽い飢餓状態を作りだす。寒天、ガム、昆布などを工夫して食べる。体重が84Kgから70kgに減少。現在は73kgで伸長は178cm。酒量は同じだがγGTPは正常値のままです。「食」、「人」、「仕事」に真正面から向き合い、人の役に立つ、「人の喜び」を「我が喜び」にと考える・・・。
新たな未来へ
 「結婚に失敗し、勝手気ままな夜の人間であったが、専任幹事になってから朝に来るようになりましたが、栞の第五章を読むたびに嫌な気分になっていました。家庭で家族と過ごした経験が無かったです。今は後継者、子供を何とかしなくてはと思っています。テナントが破産して800万円を踏み倒して夜逃げした事もありましたが、逆に次に進めるとホットしました。人との巡り合い、新しいテナントのMDIさんとの出会いがあり、新しいビルを建て、オーダーワイシャツの「FUTABA」を開店し、船橋市中央倫理法人会の2回目の会長を引き受けました。
 最近、話し相手ができました。けんか、言い争いはせずに、喜んで聴くことを心がけ、昨年、籍を入れました。4月に結婚の報告会を皆様にさせていただきたいと思っております。」
連絡事項と近いの言葉
連絡事項は専任幹事の岩佐光紳氏。・本日の参加者は 43社、47名です。
最後の誓いの言葉は市川市倫理法人会の塩川勝江さんです。「今日一日、朗らかに安らかに喜んで進んで働きま―す!」(語尾を明るく上げる
感想
 90才のお母さまと21才の息子さんと、我々が良く知っている奥様と4人で新たな家族を再編成し、再出発された金児会長に、大きなエールと祝福を4月のパーティーではさせてください。人生幸福の栞、「第5章の夫婦対鏡」、「第6章の子女名優」、ついでに「第17章の人生神劇」も。すべての章をしっかりと、大きな明るい声で、ご一緒に輪読していきたいと思います。 近い将来、第3のパラダイムシフトのお話も聞かせていただけるかもしれませんね!
  本日も皆様に感謝いたします。市川市倫理法人会の明るい雰囲気もかなり感じました。金児会長ご講話ありがとうございました。 企画・運営の皆様に感謝しつつ、市川グランドホテルを後にします。今日も朝から来て良かった。今日も元気に行ってきます! あれ、れれれ、何やら入口で呼び込みの声がいたします。「牛乳、あと残り2本です。牛乳いる方はいませんか?」 今日はどこかで見た顏のサポーターさんも動員して、船中の石井広報委員長が本日も威勢よく、復興の支援活動をしています。笑顔の石井さんの周りにはなぜか人が集まるようです。復興支援!健康万歳!
 広報 加藤 記録 2015.01.22市川グランドホテル 6F
 

| 船橋市中央 | 23:58 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.1.15報告 秋田源子郎法人アドバイザー
本日の船橋市中央のMSの講話者は倫理研究所の秋田源子郎法人アドバイザーです。
■人生幸福の栞の輪読
「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 朝の挨拶は甕(もたい)副事務長です。「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。二、苦難は・・」。万人幸福の栞の  ページをお開きください。「九、約束を違えれば、己の幸いを捨て他人の福を奪う。破約失福。」 第九章で太字の部分は、・・・世間をみていると、法網をくぐって出来た金銭・財産は、その人の身につかぬのみか、かえって、その人を、家を不幸にする。・・・。」
 ■金児隆幸 会長挨拶 
「みなさん、おはようございます。金児です。本日の栞の内容は破約失福、約束は守るのが当たり前、しかしながら守れない事もあったりします。 他人との約束、家族との約束。本日の栞の内容では、とりわけて、きびしい破約に対する天の刑罰は、親子夫婦等の血縁の間の「きめごと」である。とあります。一方自分との約束、自分で決めた事を守れない、実行できない事もありがちかもしれません。 
さて、我々は人生の中でさまざまなシチュエーション、時々を生きてきて、やるべき事、受けて行かねばならぬ事も多々あります。その場合、間違った方向へ頑張ると一生懸命やっていてもうまく行かない事も確かにあるでしょう。しかしながら 栞にも書いてありますが、ただ淡々とやる、やり続けることが人生の中ではうまくいく事もあるのではないかと最近は特に考えます。 常に何のために倫理の実践をやっているのかを自問自答しつつ、考えて実践してゆきたいと思います。」
■会員スピーチ 宮野下朝礼副委員長
「おはようございます、宮野下です。 先日は私の息子のシリュウの演奏をお聞きいだきありがとうございました。おかげさまで近々某公民館で先着200名様でコンサートを行う事になりました。ご興味のある方はご連絡いただければと思います。
さて、本日は時間について日頃感じている事をお話しします。10,20,30,40,50代と人生を生きてきて、時間が経つスピードがだんだんと早くなってきていると感じます。10代は10km/hrで走っていたとしたら、今は50km/hrで5倍のスピードで走っているような、あっという間に時が過ぎていく感じです。みなさんはいかがでしょうか?
時は金なり、人生の貴重な時間を大切にして、一秒一秒を大切にして、また、本日の栞の内容にもありますが、自分が時間に遅れて他の方の時間を奪ってしまわないように心掛けたいと思います。ありがとうございました。」
講話 倫理研究所 秋田源子朗法人アドバイザー 「リーダーの魅力と迫力」
「みなさん、おはようございます。秋田源子郎と申します。まず最初に今朝の役員朝礼を拝 見した感想を述べさせていただきますが、役員の皆さんのハツラツとした様子たいへん良かったです。また昨日の役員研修も参加者数が多く、こちらの単会の幹事の皆さんの意気込みはすばらしいと感じました。・・・・。」
秋田先生から昨晩の幹部研修にて、第5講の「倫理法人会憲章の理念」についてご講義いただきました。その中から「中心帰一」「遊働一致」などの内容を教えていただきました。特に「遊働一致」のことばは印象に残りました。仕事と遊びが一致する、「仕事を楽しく遊んでいると思える境地」があるそうです。レクリエーション委員会にとしては、「レク活動が倫理実践の体験となる境地」これを探究したいと思います。また愛について、「愛は上に向かっては敬愛、横へは親愛、下へは慈愛となる。」など深い言葉の意味を伺いました。
「さて、私はこちらにおじゃましましたのは3回目かなと思います。今年85才になりますが、72才で仕事を引退し、それから倫理のお手伝いをさせていただいております。さて、本日の演題は「リーダーとしての魅力と迫力」とさせていただいておりますが、「魅力」というのは個人的な人を引き付ける力、与える影響であり、「迫力」というのは仕事や業績へまい進して引っ張る力であります。リーダーには両方が兼ね備わっている事が大事です。また、リーダーにはすぐれた人格が必要と言われますが、人格には「個人人格」と「組織人格」があります。組織人格というのは組織において上下左右を見て行動できる力になります。」
 秋田先生から倫理の実践が会社を変えた例のエピソードを4つお話しいただきました。1つめが山梨県の赤字の縫製工場の女工さん達のやる気が変わったお話、2つ目がある会社の定年退職日の挨拶の内容(親父へのはがき)のお話、3つめが運送会社で、社長の朝の挨拶が会社を救ったお話、4つめがある鉄工所の社長が聞いて聴いて訊きまくり、従業員の方々の心を開き、社長の社員に対しての理解が深まり絆が強まり、社長と社員の方々が同じ方向を向けるようになったお話でした。 淡々と語られる1つ1つのエピソードが示しているものは?共通点は何があるのか?考えました。苦境から歓喜の成功へ変わるきかっけは何なのか? 「社長がまず気づく」、やってみようと考え、行動してみる、続けてみる、諦めずに続ける、だめそうかなと思って、迷っても、まだ続ける、ある日変化が見え始める。続けた社長のすぐ後ろには若者が、横にはベテラン社員が、その横には女工さん達が、その後ろからパートさん達も続いてきました。ふと気がついたら、家庭では家族の笑顔が待っていたのではないでしょうか
 倫理法人会、モーニングセミナー、講話のお話し、倫理指導、朝食会、会員の方同志のつながり、他単会との交流、様々な出会いが、「小さな気づきのきっかけの芽」かもしれません。
最後の誓いの言葉は定番の田岡さんから、今日も大きな声で「今日一日、朗らかに安らかに喜んで進んで働きます!」 

■朝食会
 本日も朝食会にて感想を述べ合いました。本日の講話者の秋田先生は85才の今でも毎月5,6回は全国を飛びまわってご講話されているとの事、各単会でいろいろな人と出合い、いろいろな食べ物もいただき、お酒は70過ぎてから飲めるようになったそうです。いままでのご経験からも本日の船中の雰囲気が良いとのお褒めの言葉をいただきました。ありがとうございます。雰囲気・・・。確か福岡に転勤になった前吉田専任幹事も船中の朝食会は良かったとブログで書いていました。
追加して本日、昨年入会の高橋一三さんが、新リクリエーション委員に決定しました。まずは新歓日帰りバスハイクの企画ですかね。私も一緒に考えようと思います。おっと、気が付いたら時間が8時半近くになっていました。会社へ遅刻するので船橋駅に急ぎます。 今日は「アサリ」では無く「シジミ」のお味噌汁でしたがうまかったです。
  
 本日も新しい気づきがありました。秋田先生、昨日と本日のご講話たいへんありがとうございました。滝口長太郎さんの偉大さについてもあらためて伺う事ができ良かったと思います。 企画・運営の野中MS委員長に感謝しつつ、今日も元気に行ってきます!
 
広報 加藤 記録 2015.01.15船橋グランドホテル B1
 
| 船橋市中央 | 20:55 | - | - |
<< | 2/11PAGES | >>