地区・単会別 記事を読む
月別 記事を読む
<< MS7.5 | main | グッと いなげ 7月7日(第326号) >>
グッと いなげ 6月30日(第325号)
講師:丸本 敏文 首都圏副方面長
テーマ「心身相関の倫理」
丸本 敏文 首都圏副方面長
丸本 敏文 首都圏副方面長
 「こころの様子は体に象徴(あらわれる)、体の様子はこころに象徴(あらわれる)」と、本日の講話者は自らが体験した上司との葛藤と体に現れた変調を例にとり、その相関関係を説かれ、「病気が発症するのは心のバランスが乱れることにある」と語られました。
 この倫理を学習する上では必ず触れられる重要なメカニズムですが、今回改めまして考えてみますと、世の中では現在“笑いの効用”としてそれが免疫力を高めるなど多くの書物やTVでコメンテーターが紹介し、興味と人気をよんでいますが、倫理を勉強している我々はそれをずっと先取りしていたわけです。
 日常の生活を穏やかな心根ですごし、もし苦難がわが身を襲ったら、明るく、純情(すなお)にそれを受け入れ、己を見つめ直す。大切なことですね。
なお、『グッと いなげ』PDF版は【こちら】からご覧ください。

副事務長 塩田 久嗣