地区・単会別 記事を読む
月別 記事を読む
<< 6/30市川市中央倫理法人会・第658回経営者モーニングセミナー | main | MS6.25 >>
6月24日(水) 君津市 第1,593回経営者モーニングセミナー

進行 上妻敬子 幹事


朝の挨拶、栞の輪読リーダー 岡本吉男 相談役



会長挨拶 小幡 倖 会長
―――
「信」というと
信頼は、糸がつながっているが、
裏切るとこれが切れてしまう。
また いんちきの信頼は
いずれ化けの皮が剥がれる。
真の信頼によって
信じたことが実現する。

週1回のスイッチの切り替えのおかげで
生かされている。


会員スピーチ 福川拓司 会員
訪問マッサージ鍼灸 福まる
―――
入会して1ケ月。

出張して患者さんのところへ行く。
「こんにちは」と元気にあいさつする。
はて、自分の家ではやっていない。小さな声。

モーニングセミナーに来て
一番印象に残ってのは
あいさつだった。
朝 迎えに立ち、
立ち止まって、笑顔であいさつ。
大事なんだなあと再確認。

自分の家でもしっかりと
家族に伝わる言葉で、
伝えていく実践をしていきたい。

「君津市会員による倫理実践体験発表」


内山貴美子 副事務長

―――
父は吞んだくれで、
他人の家に上がり込んで吞む人だった。
迎えに行くと 帰りに家の人に
「線香あげさせてくれ」と必ず言っていた。
倫理を学んで、この所作は
敬意を払うこと、大切なことだと知った。

日本の文化は、神教も仏教もキリスト教も
何でも受け入れてきた。
ほかの国では考えられないこと。
自然やすべてに感謝することを
日本は受け継いできた。
災害や戦争などいやなことがあって
成長できたし、強くなれた。

自分を不幸だと思っても、上を見ればきりがない。
今の環境を精一杯生きていかなけらばと思う。


村上進 幹事

―――
小さい頃はおとなしくて
挨拶もできない子だった。
高校に入って
部活で練習の前に挨拶ができないと
しごきとして走らされた。
やがて挨拶することが平気になった。

社長が縁あって倫理をはじめ、
朝礼をやろうということになった。
これが嫌な社員が辞めて行ったりしたが、
だらだらして与えられた仕事をこなしていた
社風が変化していった。

それからの社長は思いついたらすぐやる。
やってだめならすぐやめる。
という姿勢を崩さなかった。

信じること、やり続けることが
今に繋がっていると思う。



連絡事項 鈴木宏明 専任幹事


誓いの言葉 渡辺勇吉 会員


ひきつづき
朝食会も モーニングセミナー会場にて 実施しました。

職種も 肩書も 年齢も越えた
この時 この場でしか出会えない 交流会です。

朝食会費は 朝食代として ワンコイン 500円です。




次週の 君津市 経営者モーニングセミナーは

7月1日(水曜日) 朝 6:00から
JR内房線 君津駅南口そば
ハミルトンホテル上総 (君津市中野4-6-28) にて


講師:

木更津市倫理法人会
相談役


伊島利守
 
  

テーマ:  

「竹林の法則」


と なっております。

ご参加は無料です。
駐車場の ご用意が ございます。


地元の経営者のみなさまのご参加を
心より お待ち申し上げます。
(君津市モーニングセミナー委員長・高橋弘嗣)
| 君津市 | 22:10 | - | - |