地区・単会別 記事を読む
月別 記事を読む
<< おもしろ講演会 | main | 望年会に鳩が飛ぶ >>
第587回印西市倫理法人会経営者モーニングセミナー
本日の会場のお花


会長挨拶 大野忠寄 会長


現在、他単会のセミナーを見て歩いています。
いろんな発見があって楽しいです。
この間、易の診断をする方の講話を聴いて
まんざらいい加減でない事を知りました。
今まで日本は内向きであったが、これからは
外に向けてアピールする時代が来たそうです。

堀江 恭一 会員

なにかのTVで見て国民性の違いとして
日本の自動車教習所で中国人に運転を教える
場合、なにがなくても一番最初に指導するの
が「歩行者優先」だそうです。
中国では歩行者より車の方が偉いそうです。
通勤で車を運転していますが、先だって
横断歩道を小学生が一人歩いてきたので
停止したら、止まった私の方をちらっと
見て、走り出したのを見て、日本という
国は子供から相手の事を考えることの国
だな、嬉しい気分になりました。

講話 千葉 桂子 千葉市中央倫理法人会
         しきなみ短歌会世話役

1942年1月21日安曇野市 生
6人兄弟の3番目、妹が生まれて5ヶ月目で
母が42歳の若さで他界し、赤子の妹の母乳
をもらいに9歳のとき姉とかけずり回った。
会社設立、父の死、夫の病気入院、倒産、
4人の子供を育てながら、夫と2人で「今に
みていろ」と再起を目指し、会社設立した
ダンプや重機も人を雇えないので自分で運転
して夫を助けた。
夜、隣で寝ていた夫がくも膜下で倒れるが奇
跡に助かる、皆さま、夫婦で一つの部屋に寝る
ことがどれだけ大切か、この時身に沁みてわ
かりました。
平穏な時期は長くは続きませんね、その後元請
からの不渡りでまたも危機・・・でも倒産準備
金制度に加入していたので連鎖倒産は免れた。
落ち着いてと思ったら土砂崩れで従業員3名と
次男が生き埋め事故に新聞、TVで大騒ぎに
なったが、最後に救出された次男の意識は全く
なかったが、これも奇跡的に生還してくれた
時は夫と二人で泣きながら喜びました。
現在「感動・関心・感謝」をモットーに孫
11人に囲まれて暮らしています。

次男、生き埋め事故の報道

会場に入って最初に気付きました、行動旗
が凛々しく掲げられていましたので一句。
『行動旗ピンと張りつめ印西市
    1日のはじまり、幸多かれと』
             千葉 桂子

by Hideto Nagatori

 
| 印西市 | 15:20 | - | - |