地区・単会別 記事を読む
月別 記事を読む
<< MS10.24 | main | 10/26(土)モーニングセミナー中止のご連絡 >>
第579回印西市倫理法人会経営者モーニングセミナー
 平成25年10月23日(水)
本日の会場のお花

朝の挨拶:朝賀隆文 県モーニングセミナー委員長

会長挨拶:大野忠寄 会長
先週は、台風26号が直撃でMS開催が危ぶまれ
ましたが6人の方のご出席を戴きました。
朝賀さんは車が水没し全損の状態で会場まで、辿り
着けませんでした。
また近くの家が土砂崩れ、集会場の屋根が飛んだり
急に仕事が増えて困っています。
このような緊急の場合のために、常日頃から想定外
に備えて、道具の手入れ、機械の整備、周囲を見回
し歩いて環境の点検や整備が大切だなと再認識させ
られました。

会員スピーチ:馬場 明四朗 県レクチャラ―
ダルマ薬局を5店舗営業しています。
息子3人で切り盛りしていて、長男が代表社長で
弟たちの意見を聞きながら運営しています。
周囲に相談し話し合い懇親を重ねる息子たちを
見て、倫理の学びをしていて良かったとつくづく
感じています。
駅の構内に1店舗ありますのでこの経緯について
お話します。
元はダイエー閉店の際、当時のダイエーの店長が
お客様の要望ということで、1通の投書を持って来た。
「お願いだから、薬屋さんだけでも残して」との要望
でした、それでは地域のお客様のためでと思い
ダイエー閉店後17坪の店舗で営業を開始した、し
かし大店舗の中に1軒での営業は経費が高くつき
毎月赤字の状態でしたので止む無く3年で閉店し
ました。その時もお客様のためにこの店舗をどこか
でお役に立てたいとおもっていましたので物件を
捜したところ駅の中にちょうどいい物件があった
ので、北総鉄道に即連絡したところ、待ってました
とばかりに快い回答が返ってきました。
聞けば、鉄道側もこの空きスペースにテナント誘致
を考えていたよう業種を選定中とのことで薬局なら
お客様にお役に立てるということで即決になったそ
うで、誰かが見えないところで助けてくれたとしか
考えられないことで出店できたことに感謝いています。

講話:平本光男 県副幹事長
東金市倫理法人会に所属し、昨年まで地区長、今年
県副幹事長のお役を戴きました。
倫理歴は19年でもうすぐ20年を迎えます、27歳の
時、父が急逝し自動的に後継者の社長職を引き継ぐ
ことになり、慣れないこと、経験不足の中、2人の
役員の伯父との確執に悩み、倫理に入会しました。
お陰さまで、伯父たちの協力も戴き39期から40期に
入ることができたことに感謝するとともに学びやすい
倫理に出会えたことが大きな助力になっていると確信
している所です。
本日の言いたいこと伝えたいこと「Synchronicty」
”良いことの意味ある偶然”の体験をお話させて頂きます。
役を通して一生懸命努めることで人のお役に立つ喜び
を心から感じる時、目に見えないものが、誰かが見て
いて与えてくれる、意味ある偶然体験が数々出てくる
不思議・・・続けている限り「良くなるしかない」
という確信へとつながる。
 いろいろの体験の中からの気づきを興味深くお伝え
頂きました。
平元光男千葉県倫理法人会 副幹事長
ありがとうございました。

連絡事項:田中良孝専任幹事
10月30日 印西市長 講話ですので、お声掛け
     宜しくお願いします。
11月5日 幹部研修

誓いの言葉 石井雄祐 相談役

by Hideto Nagatori 
| 印西市 | 09:58 | - | - |