地区・単会別 記事を読む
月別 記事を読む
<< 第200回 柏の葉倫理法人会 モーニングセミナー | main | 第ニの朝活「やちよ朝食MTG!」はじまる >>
第575回印西市倫理法人会経営者モーニングセミナー
 本日の会場のお花
ピンクッション・バラ・アレカヤン・ブルーファンタジー

朝の挨拶:中澤博雄 副会長

会長挨拶:大野忠寄 会長
連休中、泉地区の獅子舞を見にいってきました。印西市には4つの
獅子舞と6つの神楽があり千葉県一の伝統芸継承を誇っています。
泉の獅子舞には大獅子、中獅子、女獅子があり、更に道化がひと方
ついて皆を喜ばせる、それは木製の男性のシンボル持ち女性をター
ゲットにして喜ばせます。
獅子舞は30歳代でしたが、道化は60代後半の方で話を聞くと自分
が踊る型を見せて継承していくとのこと。
約2時間舞い踊るには相当のパワーが必要ですが老化しないように
鍛錬しているそうです。
地域の伝統をつなぐために努力している方がいるというのは、素晴
らしいと感動した。

会員スピーチ:石橋友仁 幹事
消費税増税は、零細企業にとって厳しい.
8%になったら、来年の5月がとても怖い、まだ本決まりになって
いないけど、決まったらどう対応するか方向付けに腹をくくらねば
ならない。
最近、自民党のホームページに意見を陳述したりしている。
どちらにしても、更に経営強化に取り組みたい。

講話:千葉県倫理法人会
   馬場明四郎(あきしろう)レクチャラー
「万人幸福の栞を読み解く」
会長の話で、地域の伝統芸能継承の話は大切なことで倫理研究所の
信条の4項に挙げられている。
信  条
1、我等は喜んで苦難にあたり、進んで己の本分を完くいたします。
2、我等は一宗一派に執せぬ高き信仰と、道義の実践とを、生活の
  両翼といたします。
3、我等は、まず和やかな家庭をつくることを、実行の第一歩とい
  たします。
4、我等は、日本文化の本質を明らかにし、世界の文化を摂取して、
  生活の向上に努めます。
5、我等は人を愛して争わず、世界の平和に貢献いたします。

『万人幸福の栞』序:実行によって直ちに正しさが証明できる。
万人の希望、楽しく暮らしたい、明朗、愛和、喜働をなす
”すなお”なこころを説明するための17カ条を理解する。

40代養子にはいり家族との葛藤に悩んでいるときに妻にはじめ
て倫理研究所に連れていかれた「全てを捨て去ること」と指導され
以来、倫理にを続けています。
4年前、心臓の弁を替える手術と心臓を小さくする手術を受けたが
お陰さまで”すなお”に受け止めることで痛みを感ぜずに対応でき
20日で退院、即運転して役員辞令交付式に臨めた。
”すなお”
●生きる力が導き出される
●物事が正しく捉えらえっる
●人や物が集まる
●自分を超えた大きな力が働く

●心には偉大な力が潜んでいる
●自分も知らない力がひそんでいる
●心が澄んでいると無限のパワーがでてくる

すなおな心をどのように持ち続けるか心がける、ための17カ条
馬場さんのお話が聴けて嬉しい。
ありがとうございました。

連絡事項:田中宏明 幹事
9月28日(土) 役員研修会 幕張研修センター
         総決起大会

誓いの言葉:石井雄祐 相談役

by Hideto Nagatori

| 印西市 | 15:59 | - | - |