地区・単会別 記事を読む
月別 記事を読む
船橋市中央・春の房総半島を列車で横断ツアー2016.04.11
春の船中・房総半島列車で横断ツアー
4月10日(日)8:00船橋駅に集合し、4番ホームから8:25発の内房線特急さざなみに乗り込み出発。20名が時間通りに赤い旗を目印に集合の予
定でしたが、幹事2名が8:00ぎりぎりに到着で、旗も後からの登場となりました。4名ずつ5班編成でさあ出発!ツアーの予定は以下です。

集合 船橋駅 内房線特急さざなみ(8:25発)→五井駅・小湊鉄道
→(10:32着)養老渓谷駅→路線バス→鶴乃家(昼食)→ 12:30 送迎バスで粟又の滝 →散策 or 露天風呂(14:30)→送迎バス→上総中野駅・いすみ鉄道(15:04発)→大原駅・外房線特急・新宿わかしお(指定席16:57発)→ 船橋駅(17:56着) 解散
費用は列車代+昼食代で1万円です。その他の個人のオプションで露天風呂の温泉代が追加¥1,050です。昼食は老舗旅館の「鶴乃家」さんで、地元食材の季節料理(¥2,500込み) です。

4つの列車を乗り継いで房総半島を日帰り横断する塚ツアーさてどうなりますか・・目的の桜のお花見、菜の花のお花畑はあるのでしょうか・・。天気は上々ですけど・・。 ある、ある、たっぷりあるよ!

千葉県の自然と文化と歴史を知る旅、船中のレクリエーションツアーのテーマです。これに金児会長の「いすみ鉄道のお座敷列車っていうのに乗ってみたいなあ」の一言でレク委員長の加藤が反応し、一三幹事が連鎖し、行ってみようかとなったしだいです。
 

五井駅から小湊鉄道に乗り込みました。おっと4両編成で席に余裕がありました。良かったです。ここから養老渓谷駅までは約1時間かかります。早速、缶ビールを駅のコンビニで購入し配布します。おつまみは「矢矧ママのおしんこ」。ぬかづけキュウリがおいしい〜。
あるあるあるよー。最初はただの田舎の風景かと眺めていると・・だんだん桜や菜の花が多くなってきました。ゴトゴトゴトとディーゼル列車が走ります。一面の菜の花畑を通過して

途中のいすみ鉄道の急行列車の写真を添付します。
 
是非、皆様もたまには養老渓谷いかがでしょうか? 近くで、驚くほどの絶景はありませんが、自然がいっぱいの田舎、いすみ鉄道のポスターの「なんにも無いのがいい。」の言葉通りでのんびりと列車全体がすべて知り合いのような、温かく、リラックスした1日を過ごす事ができます。
鶴の家さんの「あゆの塩焼きととろろいも」も美味かったし、養老渓谷もすがすがしいし、
ごくらくの湯の露天風呂も良い気分だったし、ビールをのみながら車窓の景色をのんびりと眺めるのは気持ちが良かった。テーブル付きの列車にも乗れました。 ご参加いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。 こんどはもうちょっと南の久留里鉄道にも行ってみたいなあ・・または矢矧ママが話していた伊豆の方の山菜狩りツアーも面白そうだ・・・・・・・♪♪。
船中レク幹事加藤記      
EOD
 
| 船橋市中央 | 19:27 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.09.03報告 講話:田岡英明氏
本日の講話者は船橋市倫理法人会の新専任幹事の田岡氏です。 「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 会場は船橋グランドホテル。 朝の挨拶は宮野下MS委員長、「今日は最良の一日、今は無二の好機。苦難は幸福の門・・。万人幸福の栞  59ぺージをお開きください。第8条、明朗は健康の父、愛和は幸福の母。「明朗愛和(めいろうあいわ)。」 JOY FOR ALLでは「Cheer is the father of good health; harmony is the mother of happiness.」  内容からの抜粋で最初のセンテンス、一人の「明朗な心境は、その人の肉体健康の元であり、家庭健康の中心であり、事業健康の元であり、家庭健康の中心であり、事業健康の根源である。」 A cheerful, joyful heart is the basis for good physical health, the core to a family’s well-being, and the foundation for business prosperity.
 
■金児隆幸 会長挨拶 
「みなさん、おはようございます。金児です。本日から9月の新年度です。新しく役員を引き受けていただいた皆さんありがとうございます。また、昨年度までお手伝いいただいた皆さんにはたいへん感謝しています。今年度は田岡専任幹事を始めとして若手の皆さんの参加も得て、より活動的な会に一緒に進めて参りたいと思います。私も単会の専任幹事、会長、地区長と経験させていただきましたが、役を引きうけた事で得られる物も大きいと思います。倫理によって運命が変わってくるのは間違いの無い事実と思います。是非、チャレンジ精神で行きましょう。
前専任幹事の渡辺さんに感謝の記念品を贈ります。ご健康状態の事もありましたのにご尽力いただき、たいへんありがとうございました。これからも若手のご指導をよろしくお願いいたします。」
■会員スピーチ 石井均副会長
 「みなさん、おはようございます。新年度になって役員も変わり新しい雰囲気になったと思います。さて、私は先日、夜行の日帰りバスで宮城県山元町の復興支援のボランティア活動で震災により被害を受けたパプリカ農家の再開支援に行ってきました。支援活動は四街道の会長の本田さんや他の単会の倫理法人会の皆さんと一緒に何度か参加しています。今回の参加者は17人でバス1台で行きましたが、最近はだんだんと参加人数が少なくなってきて、サポートしていただいているバス会社も赤字になってしまっています。次回は12月の予定です。おみやげには野菜をいただくこともあります。なんとか支援活動を続けたいと思っています。皆様、機会があればご参加をよろしくお願いいたします。」

講話 船橋市倫理法人会相談役 田岡英明専任幹事「上司力と倫理」      
 「皆様、おはようございます。今期から専任幹事を仰せつかりました田岡です。皆様のご指導のもとしっかりと勤めてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。私はまだ倫理に入ってから1年ですが、倫理の法則でハイと言わせていただきました。
 私は昭和43年7月7日生まれの47才、生まれは高田馬場で、現在は西船橋に住んでおります。製薬会社を退職し、人財育成ベンチャーのフィールワークスにジョインして動機づけ社中というコンサル会社を始めました。講演会や社員研修の講師、コンサルテーション等の業務を行っております。では、本日の本題にはいります。・・・・・」
 田岡さん、さすがに話のお上手な方と思います。日頃から人前でお話する機会が多い方なのだと思います。本日は上司力と倫理との事で、ピラミッド型の上位下達からサークル型の組織運営、共通のワクワクする組織ビジョンを持つ事の重要さなどをお話いただきました。なるほどと思う内容が盛りだくさんでした。倫理との関係も少し触れられていましたが、今後、倫理の考えと田岡さんのアイデアと船中メンバーの個性の化学反応での相乗効果が期待度アップでワクワク感ありです。

 誓いの言葉 高橋青年委員長
 今日は高橋幹事が誓いの言葉にデビューしました。「ただ今より、実践の決意を誓いましょう。今日一日、朗らかに、安らかに、喜んで進んで働きます!」 ふれっしゅでナイスです!
感想
 リーダーシップの有り方はまさに社長業の方々が日ごろ感じてられる事と思います。船中の倫理法人会を考えますと、金児会長はこの個人の強みが生かされるネットワーク型のリーダーシップなのかなと思います。上からの命令では無く、個人個人が目標に向かって力を発揮できる組織、より素晴らしいアイデアがどんどん生まれてくれば、出して行かねばと思います。倫理法人会発祥の伝統ある船橋市倫理法人会の隣の船橋市中央倫理法人会はヒト真似では無いオリジナリティーある型にはまらない強く大きなビジョンとリーダーシップを発揮してまいりましょう!
田岡専任幹事、本日は興味深いご講話たいへんありがとうございました。多くの気づきがありました。そして本日もモーニングセミナーを企画・運営していただいています船橋市中央の役員の皆様に感謝して、今日も元気に仕事に邁進します!ありがとうござました。
広報 加藤記録 2015. 09. 03船橋グランドホテル B1
 
| 船橋市中央 | 05:53 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.06.18報告 講話:寒竹郁夫氏
本日の講話者は第9代千葉県倫理法人会会長の寒竹郁夫氏です。
「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 朝6:00、船橋グランドホテルB1。 朝の挨拶は宮野下副専任幹事、「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。二、苦難は幸福の門・・」。万人幸福の栞の 97ページをお開きください。十四 希望は心の太陽である。心即太陽(しんそくたいよう)。英訳のJOY FOR ALLでは「Hope is the sunshine of the heart.」 第14条の太字の部分は2箇所ありますが、100ページの最後のセンテンス「太陽の光と熱とが無限であるように、希望はいくら燈しても尽きる日はない。・・希望は永遠の光である。」 「As the light and warmth of the sun are inexhaustible so should hope never be exhausted・・・・hope is an eternal light.」
 
■金児 隆幸会長挨拶 
 「みなさん、おはようございます。金児です。早いものですでに6月、年度末に近づき、また計画を見直す時期がやってきます。うまくいく事も多いが、行かない事もある。山あれば谷あり、絶望と歓喜。どういう状況に置かれても、ふらふらせずにしっかりと進めて参りたいと思います。大きな夢と希望をもつ。本日の寒竹さんのお話は夢を持つことの大切さ、まさに本日の栞の内容にぴったりのテーマと思います。とても楽しみです。よろしくお願いいたします。」
 
■会員スピーチ 佐々木邦雄会員
みなさん、おはようございます。佐々木です。昨年、倫理に復帰してから2回目の会員スピーチです。 さて、私は今年で75才になりますが、計画している事があります。それはシニアの方々が生き生きと暮らせるための「生涯現役クラブ:仮称」を立ち上げる事です。 2025年になりますといわゆる団塊の世代が75才以上になり、後期高齢者数が増大し、国内では多くの介護難民が生まれると言われています。活き活きと暮らす事で健康寿命を延ばし、個人が介護される期間をできるだけ短くすることができたら自分にもいいし社会貢献にもなると考えます。よろしくお願いいたします。」
 
講話 寒竹郁夫氏 「夢なきものに成功は無し」
 冒頭、テレビ東京のビジネス系番組のカンブリア宮殿の録画ビデオで企業紹介がありました。寒竹郁夫氏は訪問歯科診療のサポート業務国内最大手の「デンタルサポート」の創業者。年商48億円、社員数690人。高齢者医療を救う歯科業界の異端児。国内の枠で考えていては発想は広がらないという寒竹氏。ニーズがあるからそれを行う。・・・・。
「皆さん、おはようございます。寒竹です。・・90才の石田さんの事例ですが、入れ歯が割れて食事ができなくなってしまいました。訪問診療し、その場で入れ歯の修理をしました。すぐに食べられるようになり、大好物なマグロの刺身が食べられるようになったと喜んでおられました。あれは刺身では無くマグロの煮つけと私は思いますが・・。食事が楽しめ、石田さんに笑顔が戻りました。・・」
(感想) 食事が楽しめる事、当たり前のようだが、高齢者の皆さんにとってはこれがそう簡単では無いらしい。歯がないと味気ない食事しか食べられなくなるようです。寒竹氏、お話のテンポが気持ち良い、パン、パンとキーワードを2回ジャブのように繰り返してから、要するにこういう事なんですよねとストレートがズドーンと入る感じ。 通われているボクシングジムでの練習のリズムがスピーチにも乗り移っているのかたいへん小気味がよいテンポです。単語がバンバンと飛んできて短く結論をしめていく話術はかなりシャープな印象です。
「今、私が力を入れている事は海外への展開を図る事、そして3Dプリンター等の最新技術を生かした歯科技工の技術革新によりサービスをより進化させていくことなどがあります。」・・「歴史からはいろいろな事を学べます。戦国時代の織田信長の戦略、明治維新の吉田松陰と坂本龍馬の生き方、大東亜戦争での日本の戦略など・・・。」
「最後に倫理の考え方についてお話します。倫理とはここに示した学問の木が根っこから得る栄養の1つと思います。我々は陽明学、純粋倫理、天地自然の理、歴史等にもっと学ぶ事が必要、そしてそれによって良い戦略や戦術が生まれてくる。・・栞の第17条に書いてありますが、幽顕一体、幽界に統一する、神人合一、倫理は神につながっているけれど、神や仏の様な特定の神では無く、科学に立脚している。
 今、千葉市美術館ではピーター・ドラッカー氏のコレクションが展示されていますが、日本画、特に室町時代の水墨画が数多くあるそうです。幽なる世界が本質で、現実世界は白と黒の影であることをドラッカー氏も考えていたようです。幽界と倫理との関係。また、松下幸之助は根源様という言い方で表していると聞きましたが、大宇宙の中心につながっているかどうかで成功するかどうかが決まると教えていたとの事。成功につながるためには、実践しかありません。実践の中で自分の直観力で感じた事を磨きあげる。見栄、わがままなどのエゴを取り去り、思想・哲学に基づいて、理念・目的を実践に落とす。・・・大義名分を胆に落とす。・・・時間ですので終わります。ありがとうございました。」
(大きな拍手)
■連絡事項 渡辺専任幹事
誓いの言葉 田岡幹事
■朝食会
朝食時、本日は20名ほどで順番に意見と感じたことを自由に語り合いました。
 寒竹氏、「言い忘れた事が1つありました。今、実践している事は家内とより仲良くやることです。これで事業のほうもうまく行くようになれば倫理実践の証明にもなり良いと思います。 金児会長は私が美浜区の会長をしていた当時もここ船橋市中央で会長をおやりになっていましたが、今は2度目の会長、そして最近ご結婚もされたとは驚きでした。ますますお元気で、何か以前とは少し違うオーラも感じます。(笑)」
■感想
寿命を決める要因の一つに残っている歯の数があると聞いた事があります。自分の歯を最後まで持っている人は長生きするらしい。一人で食事ができること、楽しめることが生きている事の重要な証、喜びなのだとあらためて気づきました。1人で病院に通うのが困難なシニアの方々、タクシーを呼んで病院に通う人もいるでしょう。国では自宅医療、自宅介護を推進しているとも聞きますが、寒竹氏が推進する訪問歯科診療のビジネスモデルは時代の潮流に確かに合っていると思います。歯科技工分野でも3Dプリンターなどの新しい技術革新でどんどん進歩し患者のQOLは向上していく。国の医療は健康保険で賄われ、診療報酬の点数での価格設定で、必須の医療として原則平等に広く分配される。そしてあったらより良いが先進医療としてまだ全額自己負担が必要な分野もある。歯科診療の領域では金歯やインプラントの技術があるし、眼科領域ではレーシック手術などがあるのかなと思います。デンタルサポート社が扱う分野の診療報酬制度での点数配分は経営には多大な影響を与えるようです。2014年度改定では歯科訪問診療への点数配分は厳しかったようですが、医療のあるべき方向は今後はどちらに向いてくるのでしょうか・。人が最後まで活き活きと人生を楽しんで暮らせる社会にできる限りしたいものだと考えます。
 先端の技術とサービスの提供のビジネスモデルへ夢を持って挑戦しつづける寒竹氏、すばらしい! これからも日本の医療への貢献と、そしてグローバルなご活躍をご期待いたします。本日の寒竹氏のご講話と船橋市中央倫理法人会の幹事の皆様に感謝します。ありがとうございました。来週もまた参加したいと思います。
 
広報 加藤  記録 2015.06.18船橋グランドホテル B1
 
| 船橋市中央 | 22:55 | - | - |
船橋市中央倫理法人会・MS 2015.05.14報告 藤本定明法人アドバイザー講話
 本日の講話者は法人アドバイザーの藤本定明氏です。「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 会場は船橋グランドホテル。朝の挨拶は宮野下副専任幹事、「今日は最良の一日、今は無二の好機・・・ 」。栞の英語版の「Joy for all」では「Today is the best day, now is the best opportunity.」。
■金児隆幸 会長挨拶 
 「みなさん、おはようございます。金児です。本日は栞の第9条「破約失福」を輪読しました。我々は日々、倫理実践の体験を積み重ねていっているわけですが、約束を守らないと、他の人の福を奪ってしまうという事。生きて行く上で最も大事な事のうちの1つ。約束は守ったほうが良いとは思っていても、これくらいはいいんじゃないかと思って、だんだん外れていく事もあります。毎週1回、自分の生活と倫理の考えを照らし合わせていく事が必要。特に家族や身内との約束事は軽く考えてしまう事はないでしょうか。
人の幸せ、私、以前は物欲を満たす、お金を儲けて豊かな生活をする事が幸せと思っていましたが、今はその考えは減り、人の喜びを考える生活や行動に気持ちが少しずつ変わってきたように思います。最近は特に他人の成功を心から喜べる人間になりたいとも思っています。本日は藤本さん、ご講話よろしくお願いいたします。」 今朝の金児会長はキリット純粋倫理モードでのスタートでした。
 ■会員スピーチ 深澤泉氏
 「私はハウスクリーニングの仕事をしていますが、最近は息子が仕事を助けてくれるようになり、私が息子に怒られる事もあります。喜ばしいかぎりです。船橋市中央さんには昨年ひょんな事から入会する事になり、新しい仲間も増えてうれしく思います。本日は私の実践の話をします。・・・」。深澤さんによれば、奥様に感謝する心を示すべく、最近お名前(みつこさん)で呼ぶようにされているとのこと。家の雰囲気が良くなったそうです。深澤さんの気さくなお人柄、400坪もの野菜畑を趣味?でおやりになっている心の余裕。お酒もかなりお好きなようで船中の雰囲気に自然に溶け込まれていると思います。
講話 藤本定明氏 「大自然に学ぶ倫理経営」
 「みなさん、おはようございます。藤本です。久しぶりにこちらに来たのかなと思います。本日もいつものようにアナログプロジェクターでお話します。・・・・」
 藤本さんのご講話は、いろいろな引き出しから、また切り口、角度を変えて上から見たり斜めからから考えたり、ウイットに富むジョークの数々、さすがに全国からお呼びがかかりまくる名物講話者の方と思います。ご自身の体験から基づいた純粋倫理の価値について、純粋倫理の実践によって道が見え、そして良い方向へ向って行ける。事例を交えた強力なメッセージ。「昨年はこちらで野田前総理のご講演の前座を10分でやらせていただきましたが、本日の時間は40分位でしょうか。(会場は苦笑:ここでちょっと解説、なぜかと言うと昨年の船中主催の特別セミナーで藤本さんの前にご挨拶いただいた内山地区長の熱弁が時間を大幅に超過で、藤本さんの時間が短くなってしまった事がありました。経緯をしっている船中一同は苦笑です。)
 「・・・ある信用金庫の貸付担当の方のお話ですが、貸し倒れがほとんど無い成績抜群の方がいます。その方によると信用できるお客さんを見分けるコツ。3つあるそうです。1つ目は夫婦仲が良い事、2.子供がぐれていない事。3.玄関が片付いている事だそうです。・・・」「・・私の会社も繁栄して社員が380人になりました。とは言っても80人の正社員、パート社員とあとは社外取締役が300人、無料で倫理指導をしてくれる方々です。・・・・・」
 前にもお聞かせいただいたストーリーですが、これ来たか―っと思って、次は灯台の話が来るのかなーと思って、聴講4回目の私は面白く聞かせていただきました。
「ここに玉ねぎが3個ありますが、どの玉ねぎがうまく育つでしょうか? 下の水の栄養分が違っていますが・・・・」。 これこれ例の玉ねぎの話。大自然の法則の1つ。アナログプロジェクターの玉ねぎがにょろにょろと変化します。何度聞いても面白いのはこの飛び出してくる絵のタイミングと結果の意外さが抜群に良いからなのかと関心いたします。あっと言う間の40分で終了。
■朝食会
 さあいつもの朝食会で大いに語りましょう。写真は食後のお茶の時間です。本日は福岡の中州川端倫理法人会からのお客様もあり、にぎやかな感じとなりました。まずは藤本さんのご講話の感想を順番に述べましたが、すでに何度も拝聴されている方も多かったようです。次回もよろしくお願いします。倫理法人会の有名講話者、藤本さんは全国1の超講話者かもしれません。談笑しているうちに時間が8時20分。 天地の恵みと多くの人々の働きに感謝して・・・、命の恵み、純粋倫理のパワーをいただきました。藤本さんご講話ありがとうございました。野中MS委員長の企画にも大感謝です!
 文責:船橋市中央倫理法人会 広報委員 加藤明彦 2015.05.14


 
| 船橋市中央 | 14:52 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.03.26報告 講話: 法人アドバイザー 三上忠男氏
  本日の講話者は昨日の役員研修に続いて、法人アドバイザーの三上忠男氏です。 「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 本日も夢かぎりなくの斉唱から開始です。 朝の挨拶は安田女性委員長  「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。二、苦難は幸福の門・・」。万人幸福の栞の第2条27ページをお開きください。第2条の太字の部分を抜粋します。「苦難は、生活の不自然さ、心のゆがみの映った危険信号であり、ここに幸福に入る門がある。」 本日も読む箇所を決めておいて、輪読に参加しましたが、漢字の読み仮名を間違えてしまいました。読み方が難しい漢字が多数ありますので、事前に要チェックでした。
 
金児隆幸 会長挨拶 
  「みなさん、おはようございます。金児です。今日は第2条の苦難は幸福の門、倫理では苦難は耐え忍ぶものではなく、楽しいものとしてとらえると創始者の丸山先生は教えております。苦難になった時にどういう腹づもりで取り組むのか、というそのありようが大事なのと思います。昨日は役員研修にて三上先生から苦難福門の考え方、丸山先生が獄中にあって、苦難は幸福への門であるの境地に到った経緯についてお話しいただきました。今朝のご講話もよろしくお願いいたします。会員スピーチは橋本副委員長です。」
 

■会員スピーチ 橋本宏志副会長
  「皆様、おはようございます。橋本です。3寒4温の今日この頃ですが、先日、船橋でもアナログからデジタルへの切り替えがありました。また、北陸新幹線がめでたく開通となりました。新幹線は昭和39年に東海道新幹線は開通してから50年間無事故で、現在では3分ごとに発車しているそうです。一方で26年間多くの人の夢を乗せて走り続けたトライライトエクスプレスが終了するそうで、こちらは少し寂しく思います。我々も時代という列車に乗り遅れないように走って行ければと思います。」
追加してデジタルとアナログで考えてみました。 新幹線はデジタル技術で動き、利便性重視で到着時間を最優先に快適に走行するハイテク列車であり、一方、トライライトエクスプレスは速さではなく、到着時間はあまり気にせず、列車の旅をゆっくり楽しむレトロ列車であり、アナログ列車ですよね。私はどちらにも乗りたいと思いますが、みなさんはいかがでしょうか? 企業経営の勉強は理論重視のデジタル学習、一方、倫理法人会での学習は、自分の生き方や人と人との関係を勉強するアナログ学習と思います。最近の学校の勉強や経営者の学習はデジタル学習に偏重してはいませんでしょうか?

講話 三上忠男氏 「苦難福門 やればできる」
「皆様、おはようございます。三上と申します。私は埼玉県草加市の法人会に所属し、広告関係の仕事をしています。生まれたのは栃木県の壬生町で、農家で8人兄弟の末っ子でした。終戦の年は小学校の1年生で、父親から今日から馬の世話はお前の役目だと言われた年です。・・・」
「そこの人、寝ていてはいけませんぞ! ある単会で寝ている社長さんがおりましたが、私は「帰って寝てください。」と申し上げました。心ここにあらざれば見ても見えず、聞いても聞こえず、食ろうても味わえず。と申します。ここへ来たら全力投球で聴く、拍手も心からやる事が肝要と思います。
「今から70年前の話です。丸山先生は上野で第一回の講話をされました。上野の家庭倫理の会の会長さんのお宅です。ところがその日に限って参加者の方が1人も来ませんでした。会長ご夫婦の2人だけ。丸山先生は「あなた達、お二人がいれば十分ですよ。」と言って、2時間ぶっ続けで講話をされたそうです。」「多摩に丸山先生のお墓がありますが、草加市の法人会では毎年、元旦の日にバスでお墓詣りに参ります。その裏手に丸山先生の関係者の方々の第二墓地がありますが、そこの石にはこう刻まれています。「常居其全」常に今いるところに全力を尽くせの意味です。皆さんは自社の製品の営業に行く場合どういう気持ちで行きますか? 中途半端な気持ちでけば相手に見抜かれてしまい、誰もその人が勧める商品を買ってはくれないでしょう。」
 「今日の本題の苦難福門に入ります。丸山先生の教えで対立の原理というものがあります。世の中のものはすべて対になっている。天‐地、上‐下、男‐女、親‐子、社長‐社員、プラス‐マイナス、明るい‐暗い、早い‐遅い。対立が合一になった時、その家、その会社は栄える。反対に喧嘩したら闘争が起こり破壊となる。ここである不動産屋の社長のお話。10人の会社が50人になり儲かっていたらしくピカピカのベンツに乗っていましたが、ある日突然、倫理法人会に来なくなりました。バブルが弾けたとたんに倒産してしまい、債権者から毎日電話がかかってくる状態です。社長さんは自分の生命保険で返済しようと決心しました。ところが、それを察知した奥さんがすべての生命保険を解約してしまいました。社長は奥さんを激しく怒鳴って殴ったそうです。奥さんはたまらずすでに独立していた娘さんのアパートへ逃げました。その話を聞いた娘さん「お父さん、私が貯めた結婚資金の500万円をどうぞ使ってください。私はお父さんと一緒にバージンロードを歩きたい。」・・・・・・・。
社長さん、次の日から債権者の方々を順番に訪問して謝りに。しかしながら、金を早く返せ!と罵声の連続。諦めの気持ちの中で6件目の有力債権者の方を訪問した時、「もういっぺんやってみる気があるなら私がもう1回お金を出しましょう。」の言葉・・・。その後、社長さんは再起され、今は奥さんと2人でコツコツと会社を続けているそうです。」
みなさん、来週1人連れて来てください。その人が入るかどうかは別にして。私が倫理法人会に入ったのも、ある社長さんが私を朝早くに迎えに来てくれ、そして会場では皆さんが歓迎してくれ、その日、私は万人幸福の栞の第3条の内容に感動してしまったからなのです。そんな事もあるのです。金児会長を皆さんで是非、男にしてあげてください。ご清聴ありがとうございました。」
朝食会と感想
 朝食会で感想を交換しました。本日は三上先生のお話の迫力に圧倒されました。強い確信を持った信念に裏付けられているから
そ、紹介されたエピソードの状況がリアルに伝わってくるのかと思います。また、昨晩の役員研修での苦難福門のお話で、中村天宝氏の名言集にある。「人生は、心ひとつの置きどころ」のご紹介がありました。苦難に落ちいった時にそれを幸福に思う事はかなり難しい境地と思います。ちょうど田中県会長がご感想で「苦難の時は山を登っていると思えば良いですかね。」のご意見を述べられましたが、これが私には腑に落ちました。苦難にあった時は自分が強く賢くなっている時、この山を登りきれば、その先は明るい未来、悠々とした見晴しの大きな景色が一瞬で開けてくる。苦難は貯金のようなもの。
三上先生から昨晩の役員研修でご紹介いただきました中村天風氏。ウイッツキーによれば、中村天風氏は日本初のヨーガ行者、思想家であり、天風会を創始し、身心統一法をあみ出し広めた方とのこと。身心統一法では人間のいのちは心と体が1つになって支えている。「健康で幸福な人生を堂々と歩む。」との教えらしいです。丸山先生の実践倫理ともかなり似ているところがあるようにも思えます。どんな著作があるか調べてみようと思います。
  本日はご講話いただいた三上先生たいへんありがとうございました。いろいろな大切な考えをいただきました。そして本日もモーニングセミナーを企画・運営されている野中MS委員長に感謝の気持ちを感じつつ、元気に会社へ出発します。ありがとうございました。 第2条、苦難福門、今ある苦難を自分のパワーに変えられたら・・。どの様な実践・体験をすればこの境地に辿り着けるのでしょうか?
 昨年の4月から単会の出席できない方々を対象として始めました実況中継スタイルのブログですが、今回で一旦終了とさせてください。皆様のご感想を伺って次回からはより、一般の方々へもわかりやすい方法を模索したいと思います。また、先日のブログ作成講習会で教えていただいたフォームの活用も考えたいと思います。では、さようなら。またの機会にお会いしましょう。
広報 加藤明彦 記録 2015.3.26船橋グランドホテル B1にて。
 
| 船橋市中央 | 04:51 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.03.19報告 講話: 中谷昌文氏
本日の講話者は東京都足立区会長の中谷昌文氏です。朝、会場へ到着するとちょうど役員朝礼が終了するところでした。当単会は京葉地区のモーニングセミナーモデル単会に指名されており、役員の方々の気合が伝わってきます。
「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 本日も夢かぎりなくの斉唱から開始です。 朝の挨拶は橋本副会長。「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。二、苦難は幸福の門・・」。万人幸福の栞の第1条21ページをお開きください。第1条の太字の部分を含めて文章を抜粋します。「気づいた時、気軽に、喜んでさっと処理する。気づくと同時に行う。これは成功の秘訣、健康の秘訣である。ずぼら者、ぐずつく人、これは皆「今」をとりにがす人。光陰矢の如し。」 本日も読む箇所を決めておいて、輪読に参加しましたが、シンクロナイズでき、気持ちが良いです。
金児隆幸 会長挨拶 
 「みなさん、おはようございます。金児です。人生幸福の栞がまた第一条に戻ってまいりました。新たなスタートの気持ちになってまいります。昨日は役員会で大いに議論を戦わせましたが、メンバーへの連絡が効果的にできていない事を痛感し、これを今月は改善したいと思います。具体的には会員の皆様への行事連絡のメールと、役員同志の連絡用メールのメーリングリストの見直しをする予定です。誰が誰に何の情報を伝えるのか、イベントなどのご連絡はどのように皆様へお伝えするのが良いのか具体的なイメージを作って改善したいと思います。 さあ、今日から新たなスタートです。新しい事をまず始めてみましょう。例えば、今までやっていなかった事をこの機会にやってみましょう。 さて、本日の講話は東京都足立区の中谷会長、そして会員スピーチは細木さん、よろしくお願いします。」
■会員スピーチ 細木相談役
 「皆様、おはようございます。細木です。先週お休みしていましたが、四国出張でした。実は私の出身は高知県です。高知県というと海を思い浮かべる方が多いと思いますが、高知県は森の県でもあり、土佐材といわれる檜などの材木の産地で林業がさかんです。高知県は寒暖の差が大きく、また台風などで風や雨も多くあり、木が丈夫に育つと言われています。私は天然素材を用いることをテーマにしたウッディホームという建築会社を経営しておりますが、自然の木から発生する成分は私達を健康にしてくれる様々な効果があることが知られています。 さて、本日は私の最近の健康にいついての実践報告をいたします。健康診断で糖尿病の疑いの検査結果がでてしまいました。HbA1cが6.8%でした。病気は生活の赤信号。生活習慣を変える事にしました。肉食系から菜食系へ。そして、今は検査値が6.2%まで下がり体重も4kgも減りました。今後はより健康増進の生活をしていきます。ありがとうございました。」
解説を追記しますと、HbA1cはヘモグロビンに糖が結合した蛋白質で、血糖値が高い状態が連続して続くと増加してきます。HbA1c過去1〜2か月間の血糖値の状態を反映するマーカーで、よく使われる空腹時血糖値(グルコース値)よりも、変動しにくく、健康状態をうまく把握出来る事が知られています健常者の。基準値はたしか6.1%以下だったと思います。 すぐに自分の健康に気がついて、行動する細木社長の健康管理すばらしい。

講話 東京都足立区 倫理法人会会長 中谷氏 「愛と勇気と情熱をこめて世界に倫理を」
「皆様、おはようございます。中谷です。本日は愛と勇気と情熱をこめて世界に倫理をという少し大きなテーマでお話しさせていただきます。ファイスブックなどで私のスーパーマンの写真をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、その解説を最初にします。私はボランティアで養護施設等を訪問する事がよくありますが、この時にたまたまスーパーマンの格好をしてみたら、子供達からキックやパンチなどももらい大歓迎されました。それからスーパーマンのコスチュームを使うようになりました。(笑)。 私の生まれは広島です。祖父も父も銀行員で子供の時は柔道、剣道、合気道などの武道に明け暮れていました。道が付くもの親からやれやれと言われ、徹底的に嫌だったのですがやり続けていました。ちなみに母は華道、父は書道をやっておりました。」(笑)。
 「私の倫理との出会いは今から25年前の22才の時です。落合じゅんこさんという広島倫理法人会を立ち上げた方からの紹介でした。学校を卒業し、体育教師になり、やんちゃ盛りの生徒達にもまれた教師生活をしていましたが、その時の特別な生徒、重症筋無力症?の教え子の死をきっかけに、自分の無力さを痛感し、1人前の教師になるためには自分が知らない社会をもっと知らなくてはと思って海外留学を決意し渡米しました。
 その後の中谷さんのお話を要約しますと、2年間の留学時にはハリウッド映画のエキストラなど8種類のアルバイトを経験し、またフルコミッションの英語教材の販売ではある人との出会いをきかっけに、日本人社会の方々とのつながりができ、全米で1位の成績を達成したり、また、NBAのマイケルジョーダン選手からバスケットボールを教えてもらいたいと思い、16回目のアプローチで成功して、直接習う事もできたり。そして、ジョーダン氏を交えたある食事会の席でスポーツシューズのナイキの役員の方と知り合い、日本法人を任せてもらう話になったり・・・。この時の出会いが中本さんにとって運気が変わった瞬間だったそうです。 帰国後はナイキの販売代理店の代表になり、年商50億円までの会社に成長させていらっしゃいます。しかし・・・、その後、中谷さん転機がおと連れました。あまりの過労で倒れ、急性肝炎で入院してしまったのです。ベッド上で長い間忘れていた万人幸福の栞を開いたそうです。そこで栞の中の「病気はおめでたい・・。」の文章に目が止まりました。それからの中谷さんは幹部研修へ行ったり、倫理指導を受けるようになり、朝帰りの生活から朝型人間に体質改善し、そしてあらたな目標を見つかり、現在に至っているそうです。
 中谷さんは続けます。「千代田区中央で3年の会長を引き受け、今は足立区を立て直すお役目をいただき、奮闘中です。これからは東南アジアの友人を通じて倫理を世界に広めたいと考えております。本日は講話の機会をいただき、ありがとうございました。」
 
連絡事項と誓いのことば
 本日の連絡事項はいつものように渡辺専任幹事の行事紹介と、誓いの言葉はいつも通りの田岡さんが元気な声で「今日一日、喜んで進んで働きます!」
さあ、朝食会へ向かいまししょう。本日は中谷さんに質問をしたいこともたくさんあります。
 
 




■ 朝食会と感想
本日も朝食会で感想を交換しました。 中谷さんはハイとイエスしか言わない人との評判で、いろいろな事を頼まれるそうです。海外への倫理の普及はスリランカとフィリピンへ友人を通じて広めて行けそうだとの事で、アジア人の方々は倫理で通じるところを感じているとの事です。現在、中谷さんによれば不登校の生徒が中学校だけでも15万にもいるそうです。一学年が100万人とすると約5%の生徒が不登校の計算になります。中谷さんはその不登校の子供を受け入れる学校を運営し、社会にうまく参加できるように支援しているとのこと。自分自身のライフワークである教育の軸から彼らをなんとか救いたいと。また、東京オリンピックではパラリンピックの分野で貢献するプロジェクトに関係もしているそうです。本日は成功の話を中心に話しをしていますが、実は失敗も多いんですと中谷さん。 多くの失敗があるからこそ、ひとつの大きな成功があるものと思います。まず気づいたらやってみよう。最初の1歩を踏み出す。広島の体育教師からスタートした中谷さんの人生、これからより大きく広がっていくものと思います。今年47才の中谷さん、今後のご活躍を期待すると同時に我々、船中メンバーにも機会がありましたら是非、協力させてください。
 本日は中谷さん、ご講話ありがとうございました。まさに本日の万人幸福の栞の第一条、今日は最良の一日、今は無二の好機。自分が必要と思った事、やりたいと思った事は迷わずにすぐに行動を起こす。できるまでとことんチャレンジする。巡ってきたチャンスを瞬時につかみ、つぎのアクションへとすばやくつなげていく。倫理の考えに共感しつつ、生かされさている自分に感謝しつつ。これからの方向性も明確に考えて。日本人の武道家精神とアメリカ流のセールススキルとマネージメント力で、広島から実践倫理を発信する事も考えながら。スパーマン、中谷さんと実践倫理を世界へ広めましょう! すばらしい!」
 本日は特別に新たな発見がありました。中谷さん、ありがとうございました。本日もモーニングセミナーを企画・運営していただいた 野中MS委員長に感謝しつつ、今日も私は元気に会社へ向かいます。
広報 加藤  記録 2015.3.19船橋グランドホテル B1にて。
 
| 船橋市中央 | 00:01 | - | - |
ブログ講習会 船橋中央
3月24日 17:00より西船橋の県事務局でブログの講習会が開催されました。
画像の編集がまだ慣れない。


野中さんも頑張ってます。

加藤さんも石井さんの代理で来てます。 船橋中央は3名も参加しています。












これで、みなんなで投稿できます!  





専任幹事 渡辺 勝範
| 船橋市中央 | 17:21 | - | - |
船橋市中央倫理法人会MS2015.03.12報告 講話: 山本克之氏
本日の講話者は法人レクチャラーの山本克之氏です。
「今日もみなぎーる光を浴びて〜・・・」。 会場の船橋グランドホテルに多くの皆さんに集まってきました。 最前列のパワースポットは市川中央の田中会長がお座りです。朝の挨拶は甕(もたい)副事務長です。「一、今日は最良の一日、今は無二の好機。二、苦難は幸福の門・・」。万人幸福の栞の第17条 113ページをお開きください。第17条の太字の部分はありませんので最後の文章を抜粋します。・・そして主役は己自身である。演出の作法(ルール)は絶対倫理であり、万人幸福の倫理(みち)である 。」 

金児隆幸 会長挨拶 
 「みなさん、おはようございます。金児です。14日の朝礼コンテストでリハコンテンツさんが優勝しました。パーフォーマンスが素晴らしく、笑顔がとっても良いとの審査員の評価でした。決勝大会ものびのびと笑顔でやっていただきたいと思います。 単会からも4月11日のかずさアカデミアホールの決勝大会へはメンバーを募って応援に行きたいと思います。 皆様のご参加、よろしくお願いいたします。先日の京葉地区のボーリング大会に続いてグッドニュースが続いていると思います。 さて、本日の栞の輪読は第17条、己が主役。我々は自分自身の人生を主役として演じていますでしょうか?さて、本日の講話者ですが、千葉県中小企業家同友会代表理事の山本さんです。同友会関係者で山本さんほど倫理を実践され、理解されている方はいないと思います。皆さん、ご存じのように山本さんは船橋北の会長もご経験されています。本日の揺れて沈まずのご講話を楽しみに拝聴させていただきます。そして加藤さん会員スピーチもよろしくお願いします。」
朝礼コンテストについて補足です。単会から役員一同で応援に行きましたが、私は以前に石井広報委員長と広報誌のリハコンテンツさんへのインタビューの際に朝礼を見学いたしましたが、コンテストと同じようにみなさん明るく元気のある朝礼を実施されていました。 決勝大会も若さ溢れるリハリハ・パワーで行きましょう!
■会員スピーチ 加藤明彦青年委員長
 「皆様、おはようございます。加藤です。本日は2つの事をお話させてください。1つは父親の事、もう一つは最近考えた純粋倫理発達5段階説のアイデアについてです。宮城県で暮らす私の両親、八王子で暮らす家内の両親4人とも最近まで元気で暮らしていましたが、昨年の後半から両方の父親とも大腸がんの手術を受けました。手術は2人とも成功して退院しましたが、2人のその後は異なりました。宮城県の私の父は元気になりましたが、八王子の義父は術後に脳梗塞になり、言語域を含む脳の一部が機能停止し、4か月間の義母の必死の自宅介護もSOSとなり、今は私の家の近所の柏市の老人介護施設にいます。 義父の老健への入所の際には一悶着がありました、我々家族にとっては忘れられない日です。そこには施設に入る事に納得していない義父がいました。事前説明が無かった事に憤慨しているようにも見えました。連れて来た日に「さあ、もう家へ帰ろう。なぜ、自分はここにいるのだ、おまえはこんな事でいいと思っているのか。」一緒に来ていた義弟に詰め寄る義父。「お母さんさんはもう腰が悪くてまた入院するからお父さの面倒を見る事はできない、1人でここで頑張って欲しい。」と義弟。私の家内が「私が毎日来るから安心してここでリハビリをしてください。」と伝え、 義父はやっとで静かになり、なんとかその日はおさまりました。その後、義父は状況をどれだけ理解できているのか、外見上は安定して施設でもう2か月間を過ごしています。義父が入所した老健施設の「オリーブ園」は最後の看取り介護も可能な施設、たぶん義父はここが最後の場所となると思うと感慨が深まります。家内は毎日訪問し、私も毎週末にご挨拶に行っていますが、別れ際に握手した時、義父の少し涙ぐんでいるような表情が気にかかります・・。」
「このオリーブ園は毎月の支払いが10万円以下で入所でき、近隣病院への医療連携パスも完備され、施設内にはデイサービスのリハビリテーションの指導もあり、また、虐待などの悪い噂は全く無い良い施設です。他の施設と同じように順番待ちで簡単には入れないらしいのですが、家内が地元のケアマネージャー情報と人脈を使って空きを見つけ、すぐに入所する事ができました。毎日訪問して、顔色を伺い洗濯物を持ち帰ってくる家内をあらためて尊敬します。宮城県の私の家族にもこの後、試練が来ると思いますが、実父は私と兄弟で助けたいと思います。倫理をやるようになってから親との関係の大切さを強く実感しているこの頃です。 
 あ、あと1分ですか? 本日のもう1つの話題です。純粋倫理発達5段階(仮)説です。本日、お手元にお配りしています資料です。心理学者のマズローの欲求5段階説を真似して作成しました。モーニングセミナーによくでる人のレベル1から始まり、倫理を知るにしたがってこの山をのぼり、法人SVがレベル4になります。皆様のご意見を伺えればと思います。最後に一言、今週の土曜日に青年委員会主催の六本木マハラジャナイトに参加ご希望の方は私にご連絡ください。時間なので終わります。ありがとうございました。」
 
講話 千葉県中小企業家同友会代表理事 法人レクチャラー 山本克之氏 「揺れて沈まず供
 みなさま、おはようございます。本日はタフマン飲んできました。私の倫理での活動を振り返るとモーニングセミナーにも出たりでなかったりの状態でした。しかし、役をやる事になって初めて責任感がでてきました。寒竹さんからも講話をする事が自分の勉強になるよと言われ、法人レクチャラーをやるようになりました。私は秋田県出身で、母親と弟が秋田にいますが、父は10年程前に他界しています。
 子供の頃に学校で体育委員になり、スキーの模範滑走をする事がありました。しかしながらスキーは苦手でした。やっぱりうまく行かなかったのですが、先生から「山本は転ぶのがうまい。」と褒められました。いまでも転ぶのはうまいほうです。」(笑)
 山本さんは緊張すると声が裏返るくせがあり、子供の頃は「ヨーデル山本」のあだ名をもらっていたそうです。(笑)。本日、お話に出ていた倫理のお山は私は5合目まで車で登って楽々と登る登り方をしていたのかもしれません。お役をいただく時に一番楽だからと言われて、朝礼地区幹事をやりましたが、これがけっこう大変でした。(笑)。朝礼研修に自社からも参加する事になった時、できるかなと思ってあまり口を出さずに遠くから見ていましたが、社員のみんなが結構な気合を持って対抗意識で頑張ってくれました。活き活きと競い合っていたと思います。その後、会社内でも競い合いや工夫がでてきました。朝礼を通して社員に言っているのは「挨拶、返事、後始末」。この3つは簡単のようで難しい。
周囲に感謝の気持ちを持つ事。毎日の食事で行っているのでしょうか?モーニングセミナーの時だけ挨拶をやっている実践に自分が嫌になった事もあります。くつを揃える事を2年以上かけてやってみました。これで家庭がうまくいくわけでは無いと思いながらもどういう気持ちを伝えて行くのか。物に感謝する心はどう示せばよいのでしょか? 一番、自分が今、お世話になっているものは何か? 私は車に手を当てながら声をかけるようにしています。富士研へはほとんどの従業員に行っていただいています。会社のセールスが伸びるまでは到達してはいませんが、セールスが落ち込むことがなくなりました。
さて、皆様ご存じのウサギとカメの話がありますが、その後の話はご存じでしょうか?1回目はウサギが勝ちましたが、実は2回戦もありました。さすがに2回目ですのでウサギは油断せずに走りつづけ圧勝しました。その後お互いに最終決着をつけようとなって第3回戦をしたそうです。さあ勝負です。ウサギはカメが卑怯な手をしないようにとルールとして乗り物を使わないように提案を出しました。ところが第3戦の勝者はカメの方でした。 さて、ここで問題です。カメが出した条件とは、何だったでしょうか?」 
「地域社会に貢献できる活動をしていきたいと思います。同友会で私のようになりたいと慕ってくれた人がいました。会社を法人化する事ができたと喜んでいましたが、ある工事での話、代金を回収する事ができなくなり、それを苦になんとあろう事か、その人が自殺してしまったのです。給与を払えなかったのを苦に・・・。私は、もう不幸な人は出したくありません。後に自分にできたことは何も無かったのかと自問自答しました。同友会でも倫理法人会でも何かが彼にできたのではと今でも思い出します。倫理法人会では今、目指せ10万社をスローガンに全国的な普及活動を推進していますが、この先、我々にはどんな変化、どんな未来が待っているのでしょうか? 時間ですので終わります。本日はありがとうございました。」
 
朝食会と感想
本日も朝食会で感想を述べ合いました。最後のカメの話へのコメント、車を大事にすることなどについての感想がありました。ウサギとカメの話でカメが出した条件は、ゴールを海の中の島にした事でした。ウサギはうまく泳げず、結果はカメの圧勝になりました。しかし、その後、両者は喧嘩をする事無しに、山へ遊びに行くときはウサギの背中にカメが乗り、一方海へ遊びに行くときはカメの背中にウサギが乗り、お互いに助け合って行くようになったそうです。このお話から皆様はどんな教訓を考えますでしょうか。まずは1.得意な事でも油断したら負けてしまう事。次に2.自分の得意な土俵で戦えば勝利できる事。そして3.お互いに得意、不得意を補い合うと、両方がより成功できる事 ・・・。
 最後に本日のお題の「揺れて沈まず供廚離董璽泙砲弔い栃簑がありました。自分の心や会社の業績が大きく揺れても沈まないのが大事。揺れながらも浮いて頑張れれば良い。とのメッセージでした。
 山本さんのお話はユーモアもたっぷりと交えて、穏やかに無理なく周りを包み込んでしまうような温かさを持ったお話でした。倫理の実践について、自分の体験から、例え話も交えて、疑問に思ったり、とまどったりしながらも前に進んでいく様子がゆっくりとした口調で語られました。山本さんの包容力の大きさが本日の参加者の皆さんには伝わったのではと思います。
 本日は山本さん、ご講話ありがとうございました。また、新たな気づきがありました。本日のモーニングセミナーを企画・運営していただいた野中MS委員長に感謝しつつ、今日も私は元気に会社へ向かいます。ありがとうございました。
 
広報 加藤  記録 2015.3.12船橋グランドホテル B1
 
| 船橋市中央 | 17:26 | - | - |
| 1/11PAGES | >>